開運呪文

Photo_2ダライラマパレスにて、祈る神島剣二郎

◇(ウェブページより)

◇般若波羅蜜多心(経) 合掌

◇プラジニャ・パーラミター・フリダヤン・サマープタン

最初の儀礼呪文(漢訳は無し、梵文のみあります)

オ~ン・ナマッスサルヴァ・ジニャヤ

観自在菩薩 深(行ずる)般若波羅蜜多 時(行ずる)照見 五蘊 皆空(度一切苦厄)舎利子 色不異空 空不異色 色即是空 空即是色 亦復如是(受想行識と前後入れ替わります)受想行識 舎利子 是諸法 空相 不生 不滅 不垢 不浄 不減(不増と前後入れ替わります) 不増 是故 空中 無色 無受 想 行 識 無 眼 耳 鼻 舌 身 意 無 色 声 香 味 触 法 無眼 界 乃至 無意(識) 界 無無明 (亦)無無明 尽 乃至 無老死 (亦)  無老死 尽 無 苦 集 滅 道 無 智 (亦) 無 得 (以無所得故) 菩提薩埵 (依) 般若波羅蜜多 故心無罣礙 無罣礙 故無有恐怖 遠離 (一切) 顛倒夢想 究竟涅槃 三世 諸仏 (依) 般若波羅蜜多  (故得) 阿耨多羅 三藐三菩提 (故)(得) 故知 般若波羅蜜多 (是)大(神)呪 (是)大明呪 (是) 無上呪  (是) 無等等呪  一切苦 「能除」は、この一切苦と入れ替わって次のフレーズとなります。能除  能除は、一切苦と入れ替わってのフレーズとなっています。真実  不虚 (故説を含む)般若波羅蜜多  呪 (説が含まれる) 即  掲帝の前に「説呪曰」がありますが、梵字には省略されています。 掲帝  掲帝  般羅 掲帝 般羅僧  掲帝 菩提  僧莎訶  以上 2月12日を以って、本文終了。これより最後の〆の呪文に入ります。

(以下 更新、進行中)

アーリヤー ・ヴァ ロ ・キテシュヴァラ ・ ボディ ・サットヴォ

ガンビーラーヤーン ・ プラジニャ ・ パーラ ・ ミターヤーン

チャルヤーン ・ チャラ ・ マーノ ・ ヴィヤ ・ ヴァロ

カヤチスマ ・ パンチャ ・ スカンダー ・ スターンシュチャ ・ スヴァバーヴァ

(上段のあたり、チョット発音が難しいかも!ゆっくりとどうぞ)

シュウーニヤン ・ パシュヤ ・ チスマ

イハ ・ シャーリプトラ ・ ルーパン ・ シュウーニヤター

シュウーニヤ ・ タイヴァルーパン

ルーパン ・ ンナ ・ パリタック ・ シュウーニヤター

シュウーニヤター ・ ヤー ・ ナ ・パリタッグルーパン

ヤドルーパン ・ サーシュウーニヤター

ヤー ・ シュウーニヤター ・ タドルーパン

エヴァ ・ メヴァ ・ ヴェダナー

サン ・ ジニャー ・ サン ・ スカーラ ・ ヴィジニャ ・ナニ

ここらで一休み・一呼吸

イハ ・ シャーリー ・ プートラ ・ サルヴァ ・ ダルマーハ・

シューニヤター ・ ラクシャナー ・アヌッタ ・ パンナ ・ アニルダー・

アマラー ・ ヴィマラー ・ ノナーナ ・パリプルナーハ ・ タスマー・

チャーリ ・ プトラ ・ シューニヤ ・ タヤーン・

(ここらで一休み・一呼吸)

(以下 ナ・・・、ナ・・・、ナ・・・と続いて行きますよ!)

ナ ・ ルーパン ・ ナ ・ ヴェーダナー・

ナ ・ サンジニャ ・ ナ ・ サンスカーラー・ 

ナ ・ ヴィジニャナン

ナ ・ チャクシュク・ シュロ ・ トラ ・ ギャラー

フヴァー ・ カーヤ ・ マナンシ

ナ ・ ルーパ ・ シャブダ ・ ガンダ ラサ

スプラ ・ シュタヴィヤ ・ ダルマーハ・

ナ ・ チャクシュルッダーツ ・ ルヤーヴァンナ・

ナノ ・ダーツク・

ここらで一休み・一呼吸

ナ・ ヴィドゥヤー・

ナー・ ヴィドゥヤー・

ナ・ ヴィドゥヤー・ クシャ  ヨ・

ナー・ ヴィドゥヤー・ クシャ  ヨ・

ヤー・ ヴァ ン ナ

ジャ ラ マ ラ ナン・

ナ・ ジャラ マラ ナ クシャ ヨ・

ナ・ ドゥフ カ・

サムダヤ・ニロダ・マルガー・

ナ・ ジニャ ナン・

ナ・プラ プティ トヴァン・

ボ ディ ・サトヴァ スヤ・

プラジニャ ・ パーラ ミタ・

マー シュリ タヤ・

ヴィ ハラ タヤ チッタ ヴァラ ナク・

チッタ- ヴァラ ナ ナー シチタヴァー・

ダ トラスト・

ヴィパ ラヤーン サーチ クラント・

ニ シュタ ニルヴァーナク・ 

トラヤ ダヴァ・  

ヴァヤ ヴァ シチィ ターク・

サ ルヴァ ブ ッダーハ・

プラ ジニャ パー ラ ミ ター・

マー シュリ タヤー ヌ ッタ ラーン・

サ ミヤ クサン ボ ディ・

マ ビ サン ブ ッダーハ・

タ スマー ジニャ タ ヴァヤン・プラ ジニャ パー ラ ミ ター・

マ カー マン トロ・

マ カ- ヴィドャー マン トロ・

ア ヌ ッタ ラ マン トロ・  

ア サ マ サ マ マン トロ

サ ルヴァ ドゥフ キャ

プラ サ マ ナク

サ タヤ 

マ ミ ティヤ トヴァー ト

プラ ジニャ パー ラ ミ ター

ヤー ム クト マン トラハ

タ ドヤ ター

ガ テ ガ テ

パー ラ  ガ テ

パー ラ サン ガ テ

ボ ディ 

スヴァ(ソワ) ハ(カ)

以上で本文終了です。これより最後の〆の呪文に入ります。

区切りの良い2月12日までで〆。合掌

皆様 良い一日を。

剣二郎シンプルプロフィール1

  • 半生
    神島剣二郎の修行と趣味の半生が 現在の私の基礎です。 神島剣二郎は父方先祖に神官を持ち、故郷伊那谷の八幡神社にて奇跡と神秘を体験し強烈な印象に残る。 しかし神仏系の道に入るのを拒み、大学で法律を学ぶ。在学中は体育会系のクラブ活動に熱中、合気道及び八光流柔術有段。大学卒後は金融機関勤務の道へ進む。 近年になり、宗優子とともにこの道に入る。