« 神島剣二郎 28年10月 | トップページ | 梵字と花火 »

2014年10月 6日 (月)

我が日々

 梵字を習っておりました頃はやがて、僧侶としての

忙しい日々が始まるとは思っていませんでしたが、現在、

和尚として、通夜や告別式、法要にと出仕させて頂いております。

 特に喜ばしいことは、四十九日法要までのご遺族のお慰めに、

七日毎の梵字仏を書写して差し上げられることです。

梵字を長いこと書き続けた者からのせめてのプレゼントです。

護摩供養する

12_2

« 神島剣二郎 28年10月 | トップページ | 梵字と花火 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503419/60431652

この記事へのトラックバック一覧です: 我が日々:

« 神島剣二郎 28年10月 | トップページ | 梵字と花火 »

剣二郎シンプルプロフィール1

  • 半生
    神島剣二郎の修行と趣味の半生が 現在の私の基礎です。 神島剣二郎は父方先祖に神官を持ち、故郷伊那谷の八幡神社にて奇跡と神秘を体験し強烈な印象に残る。 しかし神仏系の道に入るのを拒み、大学で法律を学ぶ。在学中は体育会系のクラブ活動に熱中、合気道及び八光流柔術有段。大学卒後は金融機関勤務の道へ進む。 近年になり、宗優子とともにこの道に入る。