« 254 般若心経 梵字=ヴィ | トップページ | 256 般若心経 梵字=ナー »

2013年4月 2日 (火)

255 般若心経 梵字=ジニャ

梵字、ジニャ梵字教室1-梵字サイト

直筆による梵字教室です。

般若心経 今日の梵字一字=ジニャ

・最近、人間の真なる生き方を求める人たちとの出会いが多いです。それを問われると、私は一番にお釈迦様の教えを知ることですよと応えます。これを知ると道に迷わなくなります。

・本日、梵字・呪文の後で〆る御真言は地蔵菩薩(オン・カカカ・ビサンマエイ・ソワカ)です。

・・ページ左サイトに 恋人運・恋愛成就護符、お譲りのご案内があります。新たな「護符」(梵字・聖観音菩薩、愛染明王御真言)を御案内です。

読み    ジニャー

・受想行識 ヴェ・ダ・ナー・サン・ジニャ・サン・スカアー・ラ・ヴィ・ジニャ・ナー・ニ

・12文字あります。ちょっと長いフレーズですが、一まとめで行きましょう。

・漢訳は受想行識、亦復如是となりますが、梵文の本来の般若心経はこの部分が入れ替わっています。ご了承を。

画像  ヴェ  ダ  ナー  サン  ジニャ サン

梵字、ヴェ梵字、ダ梵字、ナー梵字、サン梵字=ジニヤ梵字、サン

・スカアー ラ  ヴィ   ジニャー

梵字、スカアー梵字、ラ梵字、ヴィジニャ

梵字教室2-密教サイト・

 ヨガの実践をしながら唯識思想を研究する瑜伽師は『瞑想』しながら、仏教の基本的あり方はどのようなものなのか?を考察したのです。
彼らは、お釈迦様に焦点を当てました。
二つのことに眼を向けました。
一つは、お釈迦様は「仏(ブッダ)=〔覚者になる〕になった」これを=『成仏』と言います。
二つ目は、この『成仏』にもとづいてインドの人々の生活を見つめ、その血の涙を流す苦しみから人々を救うために、お釈迦様が知る限りのことを説いたこと。
これを『説法』と言いますが、この「成仏」と「説法」この二つにお釈迦様を見たのです。
本来なら「成仏」だけに眼を向ければ良いのですが、瑜伽師は菩提樹下で解脱しただけの『仏(ブッダ)』は「独覚」と称されるだけで、それだけでは「尊敬」の対象ではないとみたのです。
「成仏」と「説法」がセット・不二としてこの総体に仏教の真髄をみたのです。
ここに仏教は二つの法、正覚を成じる法=「成仏」、『仏』智を得る法=「説法」の道が開くことになりました。
このふたつの法が「密教」の『曼荼羅』で別々に華開くことになります。
密教『曼荼羅』には二種類あることの誕生です!

この寺子屋は、各諸先生・諸先輩の知識をお借りしての掲載です(合掌)

密教の徒 除霊 浄霊師 神島剣二郎 24/4/ 2  記

« 254 般若心経 梵字=ヴィ | トップページ | 256 般若心経 梵字=ナー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503419/56981895

この記事へのトラックバック一覧です: 255 般若心経 梵字=ジニャ:

« 254 般若心経 梵字=ヴィ | トップページ | 256 般若心経 梵字=ナー »

剣二郎シンプルプロフィール1

  • 半生
    神島剣二郎の修行と趣味の半生が 現在の私の基礎です。 神島剣二郎は父方先祖に神官を持ち、故郷伊那谷の八幡神社にて奇跡と神秘を体験し強烈な印象に残る。 しかし神仏系の道に入るのを拒み、大学で法律を学ぶ。在学中は体育会系のクラブ活動に熱中、合気道及び八光流柔術有段。大学卒後は金融機関勤務の道へ進む。 近年になり、宗優子とともにこの道に入る。