« 247 般若心経 梵字=ダ | トップページ | 249 般若心経 梵字=サン »

2013年3月26日 (火)

248 般若心経 梵字=ナー

梵字、ナー ◇梵字教室1-梵字サイト

除霊 浄霊師 神島剣二郎の直筆による梵字教室です。

般若心経 今日の梵字一字=ナー

梵字・梵字と口にしますが、これは古代インドのサンスクリット語のことです。別名・サンスクリット語の勉強といっても宜しいです。ちなみに現在のインドではサンスクリット語は使用されていません。この梵字も使用されていません。古代インドの文字が日本で生き残っている。素晴らしいことですね。

・・本日、梵字・呪文の後で〆る御真言は文殊菩薩(オン・アラハシャ・ノウ)です。

読み    ナー

・受想行識 ヴェ・ダ・ナー・サン・ジニャ・サン・スカアー・ラ・ヴィ・ジニャ・ナー・ニ

・12文字あります。ちょっと長いフレーズですが、一まとめで行きましょう。

本来は受想行識、亦復如是となりますが、梵文はこの部分が入れ替わっています。ご了承を。

画像  ヴェ  ダ  ナー

梵字、ヴェ梵字、ダ梵字、ナー

梵字教室2-密教サイト 大乗仏教は『成仏』の世界へ向かう (No.1)

お釈迦様亡き後、残された信者は上座部と大衆部のグループに分かれて行きました。
最初は上座部(小乗)仏教が盛んになりました。
この盛んな勢いは、およそ400年間も続いたと聞きます。
そしてアビダルマが普及しました。

〔アビダルマとは、お釈迦さまの教えを細かく分析研究することです。お釈迦様の『真意』をさぐる研究がなされました。お釈迦様は、ほんとは皆に何を説きたかったのか?の研究です〕

その上座部=部派(小乗)仏教の中に古代インドのヨガ(瞑想)を取り入れる者達がでてきました。
彼らは毎日、結跏趺坐してヨガ(瞑想)をしていましたので喩伽師(ゆがし)=ヨガ師と呼ばれました。
やがて般若経を信仰する大乗仏教徒の中にもヨガに興味をもつ喩伽師(ゆがし)=ヨガ師が誕生しました。
その中でも、大乗仏教『唯識』派の喩伽師=ヨガ師たちは、お釈迦様が説いた六『識』を超えた世界に「アラヤ『識』」の存在を発見しました。

阿含経・般若経では説かれていないお釈迦様の『真なる教え』を必死になって探求した結果でした。

この「アラヤ『識』」の発見から、大乗仏教は大きく様(さま)変わりして行きます。

この寺子屋は、各諸先生・諸先輩の知識をお借りしての掲載です(合掌)

密教の徒 除霊 浄霊師 神島剣二郎 24/3/26    記

« 247 般若心経 梵字=ダ | トップページ | 249 般若心経 梵字=サン »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503419/56764771

この記事へのトラックバック一覧です: 248 般若心経 梵字=ナー:

« 247 般若心経 梵字=ダ | トップページ | 249 般若心経 梵字=サン »

剣二郎シンプルプロフィール1

  • 半生
    神島剣二郎の修行と趣味の半生が 現在の私の基礎です。 神島剣二郎は父方先祖に神官を持ち、故郷伊那谷の八幡神社にて奇跡と神秘を体験し強烈な印象に残る。 しかし神仏系の道に入るのを拒み、大学で法律を学ぶ。在学中は体育会系のクラブ活動に熱中、合気道及び八光流柔術有段。大学卒後は金融機関勤務の道へ進む。 近年になり、宗優子とともにこの道に入る。