« 240 般若心経 梵字=ドルー | トップページ | 242 般若心経 梵字=エ »

2013年3月19日 (火)

241 般若心経 梵字=パン

梵字、パン  ◇梵字教室1-梵字サイト

般若心経 今日の梵字一字=パン

何度かルーパンという言葉がでました。ルーパとかルーパンと言う言葉は漢訳すると色という漢字のことです。頭に空点の無いパはこれからも登場しますが、頭に空点の付いたパンと言う梵字はこれでサヨナラです。何回もご苦労様でした。

・さぁ~今日までの梵文・呪文を唱えてください。最後の〆の御真言は釈迦如来(ノウマク・サマンダ・ボダナン・バク)です。

・ページ左サイトに 開運・厄除け護符お譲りのご案内があります。

読み  ヤー シュウー ニャ ター タ ドルー パン

      空即是色 ヤー・シュウー・ニヤ・ター・タ・ドルー・パン

      このフレーズは、本日で完成です。

画像  ヤー シュウー ニャ  ター タ   ドルー パン

梵字、ヤー梵字、シュウー梵字、ニャ梵字、ター梵字、タ梵字、ドルー梵字、パン

梵字教室2-密教サイト・ アビダルマとは?

お釈迦様が説いたという『お話』が『お経』として世に残っています。
冒頭、『如是我聞(にょぜがもん)』〔私は、お釈迦様の言うことを、かくのごとくに聞きました〕から始まっています。

お釈迦様亡き後、残された信者たちは、その教えを単なるひとつの解釈だけで済ませずに、あらゆる方向・角度から分析をしました。
その結果、たくさんの学説が生まれました。

このような究明を〔阿毘達磨(あびだつま)=アビダルマ〕といいます。

大乗仏教が起きる以前、部派仏教(小乗仏教)隆盛時代、何百年に渡り、この『アビダルマ(お釈迦様の教えの分析)』が物凄~く発展・発達しました。
『アビダルマ』は経典ではありません。

アビダルマとは=お釈迦様の教えの真意を探る追求です。

『アビダルマ』の目的は「お釈迦様が個人面談(対機説法)で説いた『教えの真意』を掴まえること」でした。
ここに、お釈迦様の『経典解釈』だけとは違う『教えの真意』を探ろうとする思想が誕生します。
お釈迦様の『深い意図』=『密意』を探る思想です。
アビダルマの思想『論集』はお釈迦様の「教えを解釈するテキスト」にもなっていくのです

この寺子屋は、各諸先生・諸先輩の知識をお借りしての掲載です(合掌)

密教の徒 除霊 浄霊師 神島剣二郎 24/3/ 19   記

« 240 般若心経 梵字=ドルー | トップページ | 242 般若心経 梵字=エ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503419/56763313

この記事へのトラックバック一覧です: 241 般若心経 梵字=パン:

« 240 般若心経 梵字=ドルー | トップページ | 242 般若心経 梵字=エ »

剣二郎シンプルプロフィール1

  • 半生
    神島剣二郎の修行と趣味の半生が 現在の私の基礎です。 神島剣二郎は父方先祖に神官を持ち、故郷伊那谷の八幡神社にて奇跡と神秘を体験し強烈な印象に残る。 しかし神仏系の道に入るのを拒み、大学で法律を学ぶ。在学中は体育会系のクラブ活動に熱中、合気道及び八光流柔術有段。大学卒後は金融機関勤務の道へ進む。 近年になり、宗優子とともにこの道に入る。