« 236 般若心経 梵字=シュウー | トップページ | 238 般若心経 梵字=ターと呪文 »

2013年3月15日 (金)

237 般若心経 梵字=ニャ

梵字、ニャ ◇梵字教室1-梵字サイト

直筆による梵字教室です。

般若心経 今日の梵字一字=ニャ

このサイトは般若心経を梵語・梵文で最初のタイトルから表示しています。毎日一字づつ御案内しています。今日も、現在進行形の一部です。スタート時からお読み戴ければ、これまでの経過がわかります。日時を戻して、改めて、順番に、このページに戻って戴ければ幸いです。合掌。

・今日までの梵文・呪文を唱えてください。最後の〆の御真言は釈迦如来(ノウマク・サマンダ・ボダナン・バク)です。

・ページ左サイトに 開運・厄除け護符お譲りのご案内があります。

読み  ヤー シュウー ニャ

     空即是色 ヤー・シュウー・(ニヤ・ター・タ・ドルー・パン)

画像  ヤー シュウー ニャ

梵字、ヤー梵字、シュウー

梵字、ニャ

梵字教室2-密教サイト・・さらに『空海』登場です。

「お釈迦様の説く教えは?」「仏教の目的は何?」を空海は直接思考しました。
結果、仏教の「真の目的」を目的とする実践の生き方を目指しました。
仏教の真髄は「涅槃と菩提(覚り)を得ること」つまり、お釈迦様と同じ「覚り」を活きている今、自身・自心に得ることだと空海は知りました。
以降、空海の真言密教世界はまさに、これの実践に尽きるのです。
これが『即身成仏』です。

『覚り』とは、真理(法)に目覚めることです。
これが=『ボディ(菩提)』です。
お釈迦様は35歳のとき、菩提樹の下で宇宙の成り立ちから人間のあり方までを論理的(縁起の理法)に明らかにしました。
このことを「真理の目覚めによる解脱(げだつ)」と言います。
『解脱』については、人により、いろいろな解釈がありますが、現代の真言密教では、「あらゆる苦しみから解放された平安の境地=『苦しみ』が無くなった状態」と言えましょう。
この「あらゆる苦しみから解放された平安の境地」に至るに、もうひとつの方法があります。
それは論理的ではなく、感情的・情緒的に『涅槃』に入ることからの『解脱』です。
『涅槃』とは=火(煩悩)を吹き消す、又は吹き消された状態を意味します。
ここから、自分自身(自心)を制御し、煩悩を滅っして『涅槃』に入ることが考えられました。
『涅槃』に入った結果「あらゆる苦しみから解放された平安の境地」を得る道が開かれました。
『涅槃(ニルヴァーナ)』とは、かようにして、いつの間にか『涅槃』を得ることが、そのまま『解脱』に至る道だと解釈されました。
お釈迦様は菩提樹の下で「涅槃と菩提(覚り)を得ること」感情的、論理的な同時の体験をしたとされたのです。

『成仏』=「覚者になる」にふたつの実践がある、これがこれからの密教の基本ともいうべき重要なポイントとなります。

この寺子屋は、各諸先生・諸先輩の知識をお借りしての掲載です(合掌)

密教の徒 除霊 浄霊師 神島剣二郎 24/3/15   記

« 236 般若心経 梵字=シュウー | トップページ | 238 般若心経 梵字=ターと呪文 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503419/56763293

この記事へのトラックバック一覧です: 237 般若心経 梵字=ニャ:

« 236 般若心経 梵字=シュウー | トップページ | 238 般若心経 梵字=ターと呪文 »

剣二郎シンプルプロフィール1

  • 半生
    神島剣二郎の修行と趣味の半生が 現在の私の基礎です。 神島剣二郎は父方先祖に神官を持ち、故郷伊那谷の八幡神社にて奇跡と神秘を体験し強烈な印象に残る。 しかし神仏系の道に入るのを拒み、大学で法律を学ぶ。在学中は体育会系のクラブ活動に熱中、合気道及び八光流柔術有段。大学卒後は金融機関勤務の道へ進む。 近年になり、宗優子とともにこの道に入る。