« 221. 般若心経 梵字=ターと呪文 | トップページ | 223 般若心経 梵字=ナと呪文 »

2013年2月28日 (木)

222. 般若心経 梵字=ヤーと呪文

梵字、ヤー ◇ 梵字教室1-梵字サイト

般若心経 今日の梵字一字=ヤー

このサイトは般若心経を梵語・梵文で最初のタイトルから表示しています。毎日一字づつ御案内しています。今日も、現在進行形の一部です。2月24日まで、まとめたものが左サイトに掲示されています。

スタート時からお読み戴ければ、これまでの経過がわかります。日時を戻して、改めて、順番に、このページに戻って戴ければ幸いです。合掌。

除霊 浄霊師 神島剣二郎の直筆による梵字教室です

・この梵字も発音のルールは同じですよ。右肩に半月のような短冊が付いています。よって「ヤー」と伸ばします。短冊が付いていなければ「ヤ」です。

最後の〆の御真言は今日も薬師如来(オン・コロコロ・センダリ・マトウギ・ソワカ)です。

ページ左サイトに 開運・厄除け護符お譲りのご案内があります。

読み  ヤー 

   空不異色 シュウー ニヤ ター ヤー (ナ プリ タ ッグルーパン) 

   9文字でワンフレーズです。色不異空・空不異色・色即是空・空即是色の部分。

画像   シュウー ニャ ター ヤー

梵字、シュー梵字、ニヤ梵字、ター梵字、ヤー

梵字教室2-密教サイト・『一乗』思想と『三乗』思想の違い (No.1)

 空海と同時代の最澄(最澄さんの方が年長です)が伝統ある『法華経』に眼をつけて『日本天台宗』を興しました。
中国・唐の時代では天台宗(隋時代に栄えた)はすでに衰えていたのですが中国・江南地方を中心に又、復興していました。

『法華経』の説くところは「誰にも成仏できる仏性がある」=「一切衆生悉有仏性」です。
人間一人・一人に観音菩薩が変化して救済してくれる、救いの説法でした。

これを『天台・法華一乗』と言います。

実は『一乗(いちじょう)』という言葉は大きな意味(内容)があります。

『大乗仏教』の一つだから『・・一乗』と表現すると思われがちですが、そうではありません。

大乗仏教たる『弥勒菩薩・法相唯識世界』は『一乗』とは違う『三乗(さんじょう)』世界です。

ここに大きな宗論争いが発生します。
『法相宗・代表僧侶〔徳一〕』と『天台宗・代表僧侶〔最澄〕』の争いは宗論争いとして有名な話です。
『天台宗』は『一乗』思想。
『華厳宗』も『一乗』思想。
もちろん真言密教は必然的に『一乗』思想です。

では、この『一乗』と『三乗』思想はどのように違うのでしょうか?

次回に、この違いを御案内しましょう。

この寺子屋は、各諸先生・諸先輩の知識をお借りしての掲載です(合掌)

密教の徒 除霊 浄霊師 神島剣二郎 24/2/28  記

« 221. 般若心経 梵字=ターと呪文 | トップページ | 223 般若心経 梵字=ナと呪文 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503419/56517135

この記事へのトラックバック一覧です: 222. 般若心経 梵字=ヤーと呪文:

« 221. 般若心経 梵字=ターと呪文 | トップページ | 223 般若心経 梵字=ナと呪文 »

剣二郎シンプルプロフィール1

  • 半生
    神島剣二郎の修行と趣味の半生が 現在の私の基礎です。 神島剣二郎は父方先祖に神官を持ち、故郷伊那谷の八幡神社にて奇跡と神秘を体験し強烈な印象に残る。 しかし神仏系の道に入るのを拒み、大学で法律を学ぶ。在学中は体育会系のクラブ活動に熱中、合気道及び八光流柔術有段。大学卒後は金融機関勤務の道へ進む。 近年になり、宗優子とともにこの道に入る。

マスコミ出演

  • ニコニコ生放送・講演等
    テレビ東京 「ヴァンガ道」DAEGO氏 BeeTV 「パンサーの禁止事項」 「怪談供養の城」岩井志摩子氏

ももいろクローバーZ

  • ももクロと僕ら
    ももいろクローバーZ  映画「都市伝説・シロメ」に出演からのご縁です。 「シロメ」は・・・一生懸命に祈り・活きる者には願いを叶え、邪心もつ者の願いには、災いをもたらす神様です。 ある夜、ももクロ達一行は、そのシロメに会いに廃墟に向かい、"紅白初出場"を祈りました。恐怖の超常現象に出逢いながら。 同行は除霊・浄霊師、神島剣二郎と霊能者の宗優子。 監督はホラー映画の鬼才・白石晃士。テレビ史上、最も怖いドラマ、再放送は不可能!?とまで言われた「日本の怖い夜」(神島剣二郎・宗優子も出演)の監督。
無料ブログはココログ