« 217. 般若心経 梵字=ニヤ | トップページ | 特別企画の護符御案内 »

2013年2月24日 (日)

218. 般若心経 梵字=ター

梵字、ター梵字教室1-梵字サイト

般若心経 今日の梵字一字=ター

直筆による梵字教室です。

みなさ~ん朗報ですnote\(^o^)/note

毎日、掲載している梵語・梵文による般若心経の先が見えました。

終わりの光点が見えました。完成日は来年2月24日。

今日から、来年の今日までカウントダウン・365が開始されます。本日、2月24日は私の誕生日lovelyです。来年の私の誕生日(年齢は企業秘密。m(_ _)m)をもって完成です。

永遠か?とも思える日々の出口を捕まえることができました。みなさん、よろしくお願いします。合掌。

ここまでの般若心経・呪文を唱えた後、〆の御真言は今日も薬師如来(オン・コロコロ・センダリ・マトウギ・ソワカ)です。さぁ~どうぞ。

◇ 今日でフレーズ完成です。

読み 色不異空 ルー パン ンナ パリ タ  ック  シュウー ニャ ター

9文字でワンセットです。良くご承知の部分です。色不異空・空不異色・色即是空・空即是色の部分に入っています。

画像一覧   ルー  パン ンナ パリ タ  ック 

梵字、ルー梵字、バー梵字、ンナ梵字、パリ梵字、タ梵字、ック

シュウー ニャ ター

梵字、シュー梵字、ニャ梵字、ター

梵字教室2-密教サイト

『曼荼羅』はふたつあります。『胎蔵曼荼羅』と『金剛界曼荼羅』です。

この寺子屋のお話は現在、『胎蔵曼荼羅』世界をめぐっていると例えることができます。

そしてここに、『覚り』と『涅槃』の世界を持ち込むならば、実は、。『胎蔵曼荼羅』は『覚り』では無く『涅槃』の世界を巡っていることになります。

今までの『三論』『華厳』『唯識』、そして『天台』の机上の勉強も、目的は、みな同じ=『涅槃』を開く勉強だとなります。天台から興る『浄土宗』も信者がナミアミダブツと唱えて涅槃・極楽浄土に向かうべく教えです。

結果、『胎蔵曼荼羅』の存在は仏教・各宗派、及び、その宗論をひとつにまとめてしまう世界です。

そこから結論付ければ、『涅槃』に至る道は『金剛界曼荼羅』の方では無い!となります。
では、『金剛界曼荼羅』とは一体、何か?・・・それは『覚り』への方向を示すものとなります。

この寺子屋の進路は最終的には『金剛界曼荼羅』に向かうことになります。

密教を勉強なさっている方は、この解釈をどう思うでしょうか?
これが浄霊師の密教『曼荼羅』の解釈です。

今までを『第一部』とさせて戴くならば、これから『第二部』の幕開きです。

なるべく、お話を簡単にすべく努力します。
みなさん、もし、不都合があったら、ご遠慮なく教えてくださいね。

この寺子屋は、各諸先生・諸先輩の知識をお借りしての掲載です(合掌)

密教の徒 除霊 浄霊師 神島剣二郎 24/2/24  記

« 217. 般若心経 梵字=ニヤ | トップページ | 特別企画の護符御案内 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503419/56517122

この記事へのトラックバック一覧です: 218. 般若心経 梵字=ター:

« 217. 般若心経 梵字=ニヤ | トップページ | 特別企画の護符御案内 »

剣二郎シンプルプロフィール1

  • 半生
    神島剣二郎の修行と趣味の半生が 現在の私の基礎です。 神島剣二郎は父方先祖に神官を持ち、故郷伊那谷の八幡神社にて奇跡と神秘を体験し強烈な印象に残る。 しかし神仏系の道に入るのを拒み、大学で法律を学ぶ。在学中は体育会系のクラブ活動に熱中、合気道及び八光流柔術有段。大学卒後は金融機関勤務の道へ進む。 近年になり、宗優子とともにこの道に入る。