« 214. 般若心経 梵字=タ | トップページ | 216. 般若心経 梵字=シュー »

2013年2月21日 (木)

215. 般若心経 梵字=ック

梵字、ック ◇梵字教室1-梵字サイト

般若心経 今日の梵字一字=ック

除霊 浄霊師 神島剣二郎の直筆による梵字教室です。

・下部に「ヘ」の文字に似たものがついています。これは母音を消却する意味なのです。上部は「KA」の「カ」と発音する梵字ですが、下部に「ヘ」が付くことにより「A」が消され、「K」の子音のみ残ります。結果、「K=ック」の読みになります。梵字には、こんな表示方法もあります。

先に今日までの呪文をどうぞ、最後に〆る御真言は薬師如来(オン・コロコロ・センダリ・マトウギ・ソワカ)です。

読み 色不異空 ルー パン ンナ パリ タ  ック (シュー ニャ ター)

9文字でワンセットです。良くご承知の部分です。色不異空・空不異色・色即是空・空即是色の部分に入っています。

画像一覧   ルー  パン ンナ パリ タ  ック (シュー ニャ ター)

梵字、ルー梵字、バー梵字、ンナ梵字、パリ梵字、タ梵字、ック

梵字教室2-密教サイト    観音菩薩をマスコット菩薩とする法華経

 『法華経』は天台宗を代表する教義の要ですが、真言宗でも認める経典です。

奈良時代、日本の朝廷が重視した経典は『金光明最勝王経』でした。

『金光明最勝王経』は国王や国家を守護する経典として全国・国分寺におかれましたが、『法華経』は国分尼寺におかれ一対とされました。

その『法華経』をもっとも重要視して実践したのが聖武天皇の皇后『光明子』でした。

『光明子』の活動・行為によって仏教の慈悲の教え・観音菩薩の存在が民間に普及していったのは間違いない事実でした。

〔光明子は皇后宮の中に、悲田院・施薬院を設けて、病人を治す行為をしました。ハンセン病患者の膿(うみ)を皇后自らの唇で吸い取って看病したとの一説が伝承されております〕

どんな経典の教えよりも、人々はその「教えを実践する人」についていく・・・。
後世、空海、最澄、親鸞、日蓮が一般庶民に慕われたのも「教えを実践する人」だったからではないでしょうか!

この寺子屋は、各諸先生・諸先輩の知識をお借りしての掲載です(合掌)

密教の徒 除霊 浄霊師 神島剣二郎 24/2/21  記

« 214. 般若心経 梵字=タ | トップページ | 216. 般若心経 梵字=シュー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503419/56517115

この記事へのトラックバック一覧です: 215. 般若心経 梵字=ック:

« 214. 般若心経 梵字=タ | トップページ | 216. 般若心経 梵字=シュー »

剣二郎シンプルプロフィール1

  • 半生
    神島剣二郎の修行と趣味の半生が 現在の私の基礎です。 神島剣二郎は父方先祖に神官を持ち、故郷伊那谷の八幡神社にて奇跡と神秘を体験し強烈な印象に残る。 しかし神仏系の道に入るのを拒み、大学で法律を学ぶ。在学中は体育会系のクラブ活動に熱中、合気道及び八光流柔術有段。大学卒後は金融機関勤務の道へ進む。 近年になり、宗優子とともにこの道に入る。