« 197 般若心経 梵字=プ | トップページ | 199 般若心経 梵字=ルー »

2013年2月 4日 (月)

198 般若心経 梵字=トラ

梵字、トラ◇梵字教室1-梵字サイト

般若心経 今日の梵字一字=トラ

除霊 浄霊師 神島剣二郎の直筆による梵字教室です。

・今日が立春noteです。私達、除霊 浄霊師の世界は今日がお正月のようなものです。今日から一年が始まります。暦は今日からスタートです。

干支の計算も今日から新しい干支に入ります。節分豆をきちんと撒いた人は、心身がきれいに禊(みそぎ)がされています。

今日から、新しい一年を踏み出してください。さぁ~胸を張って行ってらっしゃいnote

本日、〆の御真言は各自、お好きな仏様の御真言をどうぞ!

◇  

画像一覧 「舎利子」 「イ ハ シャー リ プ トラ」 六文字でセットです。

       本日をもって完成です

梵字、い梵字、ハ梵字、シヤー梵字、り梵字、プ梵字、トラ

梵字教室2-密教サイト

・ 瑜伽行体験の世界

唯識の瑜伽行体験の世界はふたつに分別され、二段階になって展開されます。

1段階 サマタの瑜伽行
2段階 ヴィパッサナーの瑜伽行
〔これ、古代インドの発音です!〕

サマタの喩伽行とは心を無心にする=対象を無くすこと。
ヴィパッサナーの喩伽行とはサマタの心に別な対象を現出させること。
つまり、鎮まった心に対象の映像を映し出す観法です。

ある書に拠りますと、サマタは、「外部の対象に向かう感覚器官を制御して『心』の働きを鎮める行」とあり、ヴィパッサナーは、「鎮まったサマタの『心』に対象の映像をありありと映し出す観法の行」とあります。
この瑜伽行がやがて、密教に移行されます。

なぜ、真言密教は「大日経=胎蔵曼荼羅」、「金剛頂経=金剛界曼荼羅」に分別されているか?と考えたときがありました。
そのときは、望遠鏡を例えにしました。さらに、この二経の存在は『識』の世界を追求する過去の瑜伽行・唯識の世界にも、ヒントがあると思いました。

そのヒントがこれです。

1段階 サマタの瑜伽行
2段階 ヴィパッサナーの瑜伽行

もっとも簡単な具体例は、昨日の「節分」と本日の「立春」の関係とも言えましょう。

悪しきなるものをお祓いして、一年を迎え・スタートするのです。

この寺子屋は、各諸先生・諸先輩の知識をお借りしての掲載です(合掌)

密教の徒 除霊 浄霊師 神島剣二郎 24/2/4 記

« 197 般若心経 梵字=プ | トップページ | 199 般若心経 梵字=ルー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503419/56517037

この記事へのトラックバック一覧です: 198 般若心経 梵字=トラ:

« 197 般若心経 梵字=プ | トップページ | 199 般若心経 梵字=ルー »

剣二郎シンプルプロフィール1

  • 半生
    神島剣二郎の修行と趣味の半生が 現在の私の基礎です。 神島剣二郎は父方先祖に神官を持ち、故郷伊那谷の八幡神社にて奇跡と神秘を体験し強烈な印象に残る。 しかし神仏系の道に入るのを拒み、大学で法律を学ぶ。在学中は体育会系のクラブ活動に熱中、合気道及び八光流柔術有段。大学卒後は金融機関勤務の道へ進む。 近年になり、宗優子とともにこの道に入る。