« 196 般若心経 梵字=リ | トップページ | 198 般若心経 梵字=トラ »

2013年2月 3日 (日)

197 般若心経 梵字=プ

梵字、プ◇梵字教室1-梵字サイト

般若心経 今日の梵字一字=プ

除霊 浄霊師 神島剣二郎の直筆による梵字教室です。

・さぁ~今日は節分ですup。一年の分かれ目ですよ!きちんとお祓いをして、明日の立春を迎えましょう。夕方には、パーと節分豆を撒きましょう!それ~!鬼はそと~・福はうち~とnote

呪文の最後に付け足す仏尊の御真言は今までのいづれかの仏様の御真言を再度、思い出して、どうぞ!

画像一覧 「舎利子」 「イ ハ シャー リ プ (トラ)」 六文字でセットです。

梵字、い梵字、ハ梵字、シヤー梵字、り梵字、プ

◇梵字教室2-密教サイト

・弥勒菩薩の説く『瑜伽師地論』

仏教徒だけでなく、普通人までも含めて、広く瑜伽(ヨガ)の瞑想・観法の実修・実践を記す書物です。
『解深密経』もこの中に入っています。

『識』の世界を解説し、大乗の極致に至るまでの一切の修行の段階が記されています。
つまり、悟りに至るまでの瑜伽行の実践体系・課程が十七段階に分けて詳しく説明されています。
生きている人間が生きている状態で涅槃に至るまでの過程が描かれています。
言うなれば、空海密教の『即身成仏』の法(原典)が記されていることにもなります。

空海はこの『瑜伽師地論』を徹底実践したようです。

この結果が空海の『虚空蔵求聞持法』の会得に繋がっていると私は思っているのですが・・・。

『瑜伽師地論』は弥勒菩薩の教えだ!と言われますが、実際の教えは『無着(=アサンガ)』が人を集めて講義・説法して聞かせました。

この歴史伝説に謎がありまして、『無着(=アサンガ)』の実態そのものが弥勒菩薩の有様だったとか、弥勒菩薩が『アサンガ』に降臨だとか、『アサンガ』が弥勒菩薩に変身しただとか伝承されています。(諸説多数あり!)

『瑜伽師地論』は法相宗・瑜伽師たちの修法・『瑜伽法』と『その教え』のすべてを集大成した指導論集です。まさに瑜伽の百科全集です。

瑜伽師の『師』とはサンスクリット語で『アシャラ(発音)』
漢字音で『阿闍梨(アジャリ)』と書きます。
『阿闍梨』を訳せば、教授・師・弟子のために「正しきを教える者」となります。

瑜伽師とは、瑜伽の『阿闍梨』という意味です。

密教教書で初めて『阿闍梨』の名前・存在を知る方もおられますが、『大日経・金剛頂経』誕生前から、『阿闍梨』の存在が瑜伽行の世界にあったのです。

〔注・無着(=アサンガ)はインドの北西ガンダーラ国のバラモンに生まれた三兄弟の長男、弟の世親(=ヴァスバンドウ)の伝記集に兄のことが一部始終、記載されています〕

この寺子屋は、各諸先生・諸先輩の知識をお借りしての掲載です(合掌)

密教の徒 除霊 浄霊師 神島剣二郎 24/2/3  記

« 196 般若心経 梵字=リ | トップページ | 198 般若心経 梵字=トラ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503419/56517034

この記事へのトラックバック一覧です: 197 般若心経 梵字=プ:

« 196 般若心経 梵字=リ | トップページ | 198 般若心経 梵字=トラ »

剣二郎シンプルプロフィール1

  • 半生
    神島剣二郎の修行と趣味の半生が 現在の私の基礎です。 神島剣二郎は父方先祖に神官を持ち、故郷伊那谷の八幡神社にて奇跡と神秘を体験し強烈な印象に残る。 しかし神仏系の道に入るのを拒み、大学で法律を学ぶ。在学中は体育会系のクラブ活動に熱中、合気道及び八光流柔術有段。大学卒後は金融機関勤務の道へ進む。 近年になり、宗優子とともにこの道に入る。

マスコミ出演

  • ニコニコ生放送・講演等
    テレビ東京 「ヴァンガ道」DAEGO氏 BeeTV 「パンサーの禁止事項」 「怪談供養の城」岩井志摩子氏

ももいろクローバーZ

  • ももクロと僕ら
    ももいろクローバーZ  映画「都市伝説・シロメ」に出演からのご縁です。 「シロメ」は・・・一生懸命に祈り・活きる者には願いを叶え、邪心もつ者の願いには、災いをもたらす神様です。 ある夜、ももクロ達一行は、そのシロメに会いに廃墟に向かい、"紅白初出場"を祈りました。恐怖の超常現象に出逢いながら。 同行は除霊・浄霊師、神島剣二郎と霊能者の宗優子。 監督はホラー映画の鬼才・白石晃士。テレビ史上、最も怖いドラマ、再放送は不可能!?とまで言われた「日本の怖い夜」(神島剣二郎・宗優子も出演)の監督。
無料ブログはココログ