« あなたに仏の加護を運ぶ梵字仏 | トップページ | 164-2 ももクロ・般若波羅蜜多・梵字 (元旦 No.2) »

2013年1月 1日 (火)

164 般若心経 梵字=ヤーン  (元旦 No.1)

梵字、ヤーン梵字サイト・」・・般若心経 梵字=ヤーン

神島剣二郎の直筆による梵字教室です。

Img_b085_2明けまして おめでとうございます。

新年のご挨拶を申し上げます。

今年もよろしくお願い申し上げますscissors

また「やーん」が出て来ました。前に啄木鳥、背中に、半月を背負っている

かのようですね。「やーん」です。

読み      般若心経 梵字=ヤーン

画像一覧   「般若波羅蜜多」=(プラ ジニャ パー ラー ミ ター ヤーン)

          本日を以って「般若波羅蜜多」のフレーズ部分の終了です。

・                  梵字画像はブラ梵字画像はジニャー梵字画像はパー梵字画像はラ般若心経の梵字画像はミH梵字、ヤーン

◇「密教サイト」・・・元旦です。適当に流し読みにしてください~

恐ろしい『地獄』はどこにあるのか!  「地の底か!それとも人間の心の中にか?」

お釈迦様の亡き後、上座部(出家者集団=小乗仏教)思想が400年間も勢力を誇りました。

例えば、上座部思想で『十界』の『六道』を見るとき、その『六道』は真実の実体ある世界と信じられ、『地獄』は本当に『地の底』にあるぞ、三途の川もあるぞ、怖~い鬼も本当に、たくさんいるぞと思われていました。

『極楽』も『天上界』に本当に存在すると信じられていたのです。
宗教を信仰する人達の中では、今でも、信じている人がたくさんいますよ!〕

大乗仏教の祖と言われる『龍樹(ナーガール・ジュナ)』は上座部(出家者集団)思想に真っ向から反対し、「大乗経・般若経は『空』論を説いている」と展開しました。

「この世に実体として存在するものなど何もない」と提唱したことは、『地獄』はあっても、「真っ暗い地の底」にある訳ではないぞ~、『極楽』も「空の上高い天上界」に在る訳ではないことをも一般大衆に知らしめることになりました。

そして、さらに200年経過後、上座部思想と『空』論思想を合わせた新なる唯識思想が誕生。
唯識思想は「この世に実体として存在するものなど何もない」と言う『空』論を引き継ぎました。
では、唯識思想は『十界』の『六道』についてはどのように考えたか?

『六道』の中には、三つの世界「畜生・餓鬼・地獄」があります。それと『心』の世界にある『煩悩』と呼ばれる三つの毒「愚痴(おろかさ)、貪欲(むさぼり)、瞋恙(いかり)」を並べてそれぞれをセットにして接合し、全てを心の世界に移してしまいました。

そして、改めて『地獄』とは何か?と問い、その答えを出しました。

『地獄』とは『地の底』には在らず、人間の『心』の中、『識』(第七マナ識)・(第八アラヤ識)で描き出された我欲・我執の世界=「煩悩心(無明)」が『地獄』そのものであると。

参考  仏教のこの世の在り様=「十界」より。
六道の世界。

『四 聖(聖者の世界)』と『六 凡(凡夫の世界)=六 道』を併せた世界がこの世とされています。

四 聖(聖者の世界)
  仏 ・ 菩薩 ・ 縁覚 ・ 声聞
  (声聞・縁覚とは覚りを得たとされる【上座部】仏教徒達です)

六 凡(凡夫の世界)=六 道
  天上  人間  修羅  畜生  餓鬼  地獄

唯識思想は、六道と三毒との関係を接合して、それぞれをセットにしてしまいました。

畜生の世界=「愚痴(おろかさ)」のこころ 
餓鬼の世界=「貪欲(むさぼり)」のこころ
地獄の世界=「瞋恙(いかり)」のこころ

この寺子屋は、各諸先生・諸先輩の知識をお借りしての掲載です(合掌)

密教の徒 除霊 浄霊師 神島剣二郎 25/1/1   記

« あなたに仏の加護を運ぶ梵字仏 | トップページ | 164-2 ももクロ・般若波羅蜜多・梵字 (元旦 No.2) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503419/56263410

この記事へのトラックバック一覧です: 164 般若心経 梵字=ヤーン  (元旦 No.1):

« あなたに仏の加護を運ぶ梵字仏 | トップページ | 164-2 ももクロ・般若波羅蜜多・梵字 (元旦 No.2) »

剣二郎シンプルプロフィール1

  • 半生
    神島剣二郎の修行と趣味の半生が 現在の私の基礎です。 神島剣二郎は父方先祖に神官を持ち、故郷伊那谷の八幡神社にて奇跡と神秘を体験し強烈な印象に残る。 しかし神仏系の道に入るのを拒み、大学で法律を学ぶ。在学中は体育会系のクラブ活動に熱中、合気道及び八光流柔術有段。大学卒後は金融機関勤務の道へ進む。 近年になり、宗優子とともにこの道に入る。