« 160 般若心経 梵字=パー | トップページ | 162 般若心経 梵字=ミ »

2012年12月29日 (土)

161 般若心経 梵字=ラ

梵字画像はラ梵字サイト・」・・般若心経 梵字=ラ

神島剣二郎の直筆による梵字教室です。

またまた、出て来ました、ラさんです。ラとラーさんとの違いがわかりますか。ラーさんは、歌を歌ってるみたいでしたが、このラさんは、マイクみたいな半月形を右肩に背負っていないだけです。来年には、この違いをご説明しますからね。今年もあと僅かです。頑張りましょうscissors

読み      般若心経 梵字=ラ

画像一覧  「般若波羅蜜多」プラ ジニャ パー ラ (ミ ター ヤーン)

・   梵字画像はブラ梵字画像はジニャー梵字画像はパー梵字画像はラ

◇「密教サイトー瑜伽行唯識・世界に『アラヤ識(阿羅那識)』誕生!」

今まで『六識』については、既に御案内済みです。再度、ご説明をしますと、お釈迦様はこの世に『アートマン=魂』などは存在しない。あるのは『感覚器官』のみである。世の中に、対象物があり、それを欲しがる『感覚器官』だけ。それらも、所詮、諸行無常の中に消え行くもの、ならば最初から、対象物を欲しがるな!自分の『感覚器官』も否定しなさい。そこから人間の人生は始まるんだよ~と説法します。

これがお釈迦様を含む初期仏教の僧侶達の考え方でした。

以下、仏教に詳しい、ある人の書物・知識を参考に御案内します。

胎児がお母さんの子宮で生命の誕生となったとき、それに伴って、新たに『種子・心識』が胎児の中に形成されます。
この『種子・心識』は感覚的な作用の器官識(六識)ではなくて、もっと、もっと根源的な認識作用の深層『心識』とされます。・・・つまり『霊魂』の誕生ともみなされます。

これは、今まで知られていた、お釈迦様の教えの六『識』とは違うのです。

お釈迦様は六『識』までしか定義付けしていませんし、『中論』を発表し、『般若経』の世界から『諸法皆空』を教義した『龍樹・ナーガールジュナ』も、同様に六『識』までしか説いていません。つまり人間は簡単な生き物だったのです。

お釈迦様亡き後、900年を経て、瑜伽行唯識派が六『識』を統合的に総括する深層『識』=『種子・心識(魂のようなもの)』の存在を発表しました。

お釈迦様は『霊魂』の存在論には『無記』を通して、一切、返答に応じませんでした。
今まで、『霊魂』の代わりに六『識』だけを以って論じられて来ましたが、瑜伽行唯識派は『心』の深い部分を見るに六『識』とは違う『霊魂』とも言える深層『識』=『種子・心識』の存在をを発表しました。
この『種子・心識(魂のようなもの)』を新たに『アラヤ識(阿羅那識)』と名付けました。

サンスクリット語の『アーリー』(動詞=住む・執着する・結ぶ)から由来されます。
『アーリー』の名詞形が『アラヤ(阿羅那)』です。
『アラヤ(阿羅那)』とは、「蔵・結合・基底」という名詞の意味ともなります。
ちなみに、この蔵・基底たる『アラヤ(阿羅那)』の深さ・大きさはどれくらいだと思われますか?

例えて言えば、インドには中国との国境に大雪山脈があります。それは雪(ヒマ-)の蔵(アラヤ)=『ヒマ-ラヤ』と古代から呼ばれ、『聖なる大雪蔵』とも看做(みな)され、信仰の対象にもなっています。・・・みなさんヒマラヤ山脈のことですよ~!

『アラヤ識(阿羅那識)』と名づけられた価値がお分かりでしょうか!

この寺子屋は、各諸先生・諸先輩の知識をお借りしての掲載です(合掌)

密教の徒 除霊 浄霊師 神島剣二郎 24/12/29  記

« 160 般若心経 梵字=パー | トップページ | 162 般若心経 梵字=ミ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503419/56263395

この記事へのトラックバック一覧です: 161 般若心経 梵字=ラ:

« 160 般若心経 梵字=パー | トップページ | 162 般若心経 梵字=ミ »

剣二郎シンプルプロフィール1

  • 半生
    神島剣二郎の修行と趣味の半生が 現在の私の基礎です。 神島剣二郎は父方先祖に神官を持ち、故郷伊那谷の八幡神社にて奇跡と神秘を体験し強烈な印象に残る。 しかし神仏系の道に入るのを拒み、大学で法律を学ぶ。在学中は体育会系のクラブ活動に熱中、合気道及び八光流柔術有段。大学卒後は金融機関勤務の道へ進む。 近年になり、宗優子とともにこの道に入る。

マスコミ出演

  • ニコニコ生放送・講演等
    テレビ東京 「ヴァンガ道」DAEGO氏 BeeTV 「パンサーの禁止事項」 「怪談供養の城」岩井志摩子氏

ももいろクローバーZ

  • ももクロと僕ら
    ももいろクローバーZ  映画「都市伝説・シロメ」に出演からのご縁です。 「シロメ」は・・・一生懸命に祈り・活きる者には願いを叶え、邪心もつ者の願いには、災いをもたらす神様です。 ある夜、ももクロ達一行は、そのシロメに会いに廃墟に向かい、"紅白初出場"を祈りました。恐怖の超常現象に出逢いながら。 同行は除霊・浄霊師、神島剣二郎と霊能者の宗優子。 監督はホラー映画の鬼才・白石晃士。テレビ史上、最も怖いドラマ、再放送は不可能!?とまで言われた「日本の怖い夜」(神島剣二郎・宗優子も出演)の監督。
無料ブログはココログ