« 159 般若心経 梵字=ジニャ | トップページ | 161 般若心経 梵字=ラ »

2012年12月28日 (金)

160 般若心経 梵字=パー

梵字画像はパー梵字サイト・」・・般若心経 梵字=パー

神島剣二郎の直筆によるネット梵字教室です。

この字は『パー』です。ローマ字のPと逆スタイルですが似通っています。は~い、二回目の登場ですので、ここで、覚えちゃいましょう。・・・この梵字は『他化自在』と言う古代インドの神様を表します。ついででは失礼ですが、一緒にご記憶をscissors

読み     般若心経 梵字=パー

画像一覧  「般若波羅蜜多」プラ ジニャ パー(ラー ミ ター ヤーン)

梵字画像はブラ梵字画像はジニャー梵字画像はパー

「密教サイト-お釈迦様の十二因縁は輪廻転生を教えます」

お釈迦様の説く『十二因縁』は人間の一生を生前『無明』まで遡り、以後、誕生から老死までの輪廻転生を教える、と解釈されるのが一番多いようです。

しかし、これを聖人なら、いざ知らず、私のような凡人では『心』で納得・解釈は、なかなか難しいですよ~。
元来、お釈迦様は『無明(無知・煩悩)』から『生』の誕生、そのものを、「ハンディある苦しみ」だと説きました。

ここに、問題もあるのです。

誕生すれば、やがて必ず『老死』の苦があるからだ、と言います。

ならば、『胎児』のままで死んでしまって、最初から誕生しない場合、その「生命」は、反って、『幸せ』な『胎児』となるのでしょうか?

私は、そのようには思わないのです。

人間としての誕生を『幸せ』と解釈し、望む異性相手と『苦もあり・楽もある』共にして『生涯』を終わることは結果、人間として『幸せなこと』と思いたいです。

この世に『生』を受けるのは、生前にいかなる『悪しき因』ありといえども、再び、この世で、人生修行を迎えられることを、『幸いなるかな!・・・我が人生scissorsと捕らえたいです。

〔勿論、人にはそれぞれの環境ありで、各人ごとに思いは違うと承知しています〕

ために、私はお釈迦様の説く『十二因縁』を、『法相宗・唯識』の『識』論を中心として「今をいかに活きるか!生きる苦を乗り越えて行くプロセス」を教えるものだとして、改めて、お話を進めますね。

どのような結論となっていくか!自分でもわかっていないのですが・・・!
楽しく、行け行けです!これも密教でしょうか!

この寺子屋は、各諸先生・諸先輩の知識をお借りしての掲載です(合掌)

密教の徒 除霊 浄霊師 神島剣二郎 24/12/28  記

« 159 般若心経 梵字=ジニャ | トップページ | 161 般若心経 梵字=ラ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503419/56263391

この記事へのトラックバック一覧です: 160 般若心経 梵字=パー:

« 159 般若心経 梵字=ジニャ | トップページ | 161 般若心経 梵字=ラ »

剣二郎シンプルプロフィール1

  • 半生
    神島剣二郎の修行と趣味の半生が 現在の私の基礎です。 神島剣二郎は父方先祖に神官を持ち、故郷伊那谷の八幡神社にて奇跡と神秘を体験し強烈な印象に残る。 しかし神仏系の道に入るのを拒み、大学で法律を学ぶ。在学中は体育会系のクラブ活動に熱中、合気道及び八光流柔術有段。大学卒後は金融機関勤務の道へ進む。 近年になり、宗優子とともにこの道に入る。