« 153 般若心経 梵字=ットヴォ | トップページ | 155 般若心経 梵字=ァムビー »

2012年12月22日 (土)

154 般若心経 梵字=ガ

般若心経、梵字、ガ梵字サイト・」・・般若心経 梵字=ガ

除霊 浄霊師 神島剣二郎の直筆によるネット梵字教室です。

なあに?の何に似ていますね。が、口がありません、これは「カ゜」

「カ」は覚えていらっしゃいますか。全然、形が違いましたよね。

読み   般若心経 梵字=ガ

画像一覧  

梵字、ガ

密教サイト-初期大乗仏教の六識」

六『識』を六つの感覚器官と表現しましたが・・・。
理論上では、前五つの『識』=『眼・耳・鼻・舌・身』と最後の六番目の『識』=意『識』とのふたつに区切られています。

最後の意『識』は前五『識』が働くとき、すべてに掛かって働きます。

このような働きがあるとき、前五『識』は『五根(こん)』と表現が変わります。そして五根が対象とする『もの』を『五境(きょう)』と呼称します。

根とは主体境とは客体・・・と考えても良いです。

『五境』=『色・声・香・味・触』(客体)です。

一般仏教(顕教世界)は、この『五境』(客体)が大変、邪魔なんだ!と言います。

人の心に迷いを起こさせる煩悩のもと」だと考えて、「五塵(じん)」とも言い、修行の妨げになる、避けるべきものとして考え・扱います。

一般仏教では生活・修行する中に『五根・五境』を、そんなものは邪魔だと、否定・否定・否定をしてきました。

ここでまた、お話を空海に翔んでいきます。

時代は奈良時代の仏教来朝より既に250年を経ていました。
大乗思想も流通・普及していました。

ここで、空海は『識』の世界からも、大きく違う、新たな大乗思想を世に公表しました。

『五境』の世界(客体たる物の世界)も一緒に存在価値がある。
『五境』を認識する『五根』も当然に必要価値がある。

この世のすべてがお互いに必要があって存在する。
この世にあるもので『いらない!』『不要!』『存在価値ない!』とされるものなどは、どれ、一つとしてありえない。

この宇宙の『平等』の有り様・姿こそ=『宇宙の真理』を表すものだ、と空海は『新たな大乗思想』=仏教『真言密教』を宣言したのです。(言うならば何でもあり・・・と)

空海は1200年(釈尊入滅後)の次元を超えて、初めて『釈尊』・『お釈迦様の真実の思想』を抱きしめた!僧侶(男)であったのです。

まぁ~お釈迦様がどれほど喜んだことでしょうかlovely

注: これは、男性愛のお話ではありません。

この寺子屋は、各諸先生・諸先輩の知識をお借りしての掲載です(合掌)

密教の徒 除霊 浄霊師 神島剣二郎 24/12/22   記

« 153 般若心経 梵字=ットヴォ | トップページ | 155 般若心経 梵字=ァムビー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503419/56208667

この記事へのトラックバック一覧です: 154 般若心経 梵字=ガ:

« 153 般若心経 梵字=ットヴォ | トップページ | 155 般若心経 梵字=ァムビー »

剣二郎シンプルプロフィール1

  • 半生
    神島剣二郎の修行と趣味の半生が 現在の私の基礎です。 神島剣二郎は父方先祖に神官を持ち、故郷伊那谷の八幡神社にて奇跡と神秘を体験し強烈な印象に残る。 しかし神仏系の道に入るのを拒み、大学で法律を学ぶ。在学中は体育会系のクラブ活動に熱中、合気道及び八光流柔術有段。大学卒後は金融機関勤務の道へ進む。 近年になり、宗優子とともにこの道に入る。