« 147 般若心経 梵字=テ | トップページ | 149 般若心経 梵字=ラ »

2012年12月16日 (日)

148 般若心経 梵字=シュヴァ

般若心経、梵字、シュヴァ梵字サイト・般若心経の梵字・シュヴァ」

 除霊 浄霊師 神島剣二郎の手書きです。まだまだ

 勉強中です。よろしくお願いいたします。

 美しい立ち姿ですね。シバの女王、という感じですが、

お間違えの無いように、、この梵字は「シュヴァ」です。

女王なみの風格はありますが。

読み    般若心経 梵字=シュヴァ 

画像一覧 『アー リヤー ヴァ ロ キ テ シュヴァ (ラ)』(=観自在)

・    梵字ーアー9ー梵字、リャ般若心経の梵字、ヴァ梵字、ロ                  梵字、キ  梵字、テ 梵字、シュヴァ

「密教サイトー文殊菩薩〔マンジュシュリー〕在所の寺々

文殊菩薩〔マンジュシュリー〕

[以下は私が尊敬する、仏教に非常に詳しい人の書物からそのまま要点を戴きました。先生、謝・謝]

マンジュシュリーは南インド出身で実在した人のようです。
本来の音写を漢字で書くと「文殊支利=マンジュシュリー」。
お釈迦様中心の三尊仏像では、両脇に普賢菩薩とともに侍ります。
どこの仏像を御覧になっても素敵な『ハンサム・ボーイ』です。

その『ハンサム・ボーイ』がどこで見られるか、ご案内しておきましょう。

奈良・西大寺、京都・清涼寺の像は獅子に乗った文殊支利がおいでおいでscissorsをしています。
立像noteでは室生寺、奈良の中宮寺、海竜王寺が有名です。
胎蔵曼荼羅『中台八葉院』も立派なお姿ですが、その胎蔵曼荼羅には別途、『文殊院』があり、観自在、普賢も仲間にして、その中心に納まっていますnote(私が一番、イケメンlovelyだと)

文殊支利は『法王子』とも呼ばれるほどで、童子形lovelyの像もあります。奈良・般若寺に素敵な可愛い童子像がありますよ。『法王子』なんて正に賢さの象徴名ですね。

文殊支利はフアンscissorsがいっぱいの人気『二枚目役者』lovelyでして、胎蔵曼荼羅・金剛界曼荼羅以外にも、実は、ファンの手で作成された「文殊菩薩を中心とした別尊曼荼羅」があります=〔八字文殊曼荼羅図・五字文殊曼荼羅図など、他にもあり〕

お釈迦様の優秀な弟子の一人flagであったと伝承されています。
この伝承については、各経典でも一様ではありません。
聴衆が囲む中で、維摩居士(出家しなかった人で、非常に弁舌に優れた宗教哲学者)との問答は有名で、法隆寺・五重塔にその有様の塑像があります。『維摩経』ではお釈迦様が「維摩居士の病気見舞いに文殊菩薩を派遣した」となっています。

『華厳経・入法界品』では善財童子に菩薩道の実践を教えてもいます。『法華経・序品』では、大びっくり!お釈迦様の師にもなっているくらいです。

寒さがますます厳しくなりますが、年末までのお天気の良き日を選び、上記の古都をブラブラと散歩・探索兼ねながら、人気二枚目役者No.1の拝観に是非お出かけを!。

帰りには、あなたもファンの一人になっていることでしょう!

この寺子屋は、各諸先生・諸先輩の知識をお借りしての掲載です(合掌)

密教の徒 除霊 浄霊師 神島剣二郎 24/12/16   記

« 147 般若心経 梵字=テ | トップページ | 149 般若心経 梵字=ラ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503419/56208647

この記事へのトラックバック一覧です: 148 般若心経 梵字=シュヴァ:

« 147 般若心経 梵字=テ | トップページ | 149 般若心経 梵字=ラ »

剣二郎シンプルプロフィール1

  • 半生
    神島剣二郎の修行と趣味の半生が 現在の私の基礎です。 神島剣二郎は父方先祖に神官を持ち、故郷伊那谷の八幡神社にて奇跡と神秘を体験し強烈な印象に残る。 しかし神仏系の道に入るのを拒み、大学で法律を学ぶ。在学中は体育会系のクラブ活動に熱中、合気道及び八光流柔術有段。大学卒後は金融機関勤務の道へ進む。 近年になり、宗優子とともにこの道に入る。