« 146+ももクロと梵字守り | トップページ | 148 般若心経 梵字=シュヴァ »

2012年12月15日 (土)

147 般若心経 梵字=テ

13梵字サイト・」・・般若心経 梵字=テ

除霊 浄霊師 神島剣二郎の直筆によるネット上の梵字教室です。神島も勉強しているのです。

この梵字は、「て」です。・・・私なぞ、このような感覚的に日本語に近い字を見るとうれしいなぁと思いながら覚えます。覚えることがありすぎて、なかなか頭に入らないのですが・・・。

読み    般若心経 梵字=テ

画像一覧 『アー リヤー ヴァ ロ キ  (シュヴァ ラ)』(=観自在)

・    梵字ーアー9ー梵字、リャ般若心経の梵字、ヴァ梵字、ロ                  12  13

「密教サイトー宗派の話、昔・昔の話です。でも今でもそのまま残っています!

 空海が誕生した当時の日本にある宗派は、律宗・三論宗・法相宗・華厳宗でした。

南都(奈良)六宗と言うのは、これに倶舎(ぐしゃ)成実(じょうじつ)が足されてのことです。しかし、倶舎は法相宗、成実は三論宗とダブり属しますので、実態は四宗でした。

【それから、律宗は仏教全体の戒律を説くので、経典思想から外れます、だから、ここで、また3つになりました】

やがて、ここに最澄の天台宗(平安京・京都比叡山)が登場します。

ここで、改めて三論宗・法相宗・華厳宗・天台宗の4つが揃うことになります。

そして、それぞれに四つのマスコット菩薩がセットされて、初めて揃い踏みとなってなりました。

この時代あたりから、僧侶たちは政治の中心地・平安京(京都)に奈良の都から、続々と移動・集結し始めます。都会へ・都会へと・・。

当時の僧たちは、ひとつの宗派の教理・教義をマスターするだけでなく、すべての宗派の教義に精通が教養的に必要でした。

対立は学問上の解釈でのことであり、学ぶ僧(三論衆・法相衆・華厳衆)に対立意識等は無く、皆、仲良し(は~い、こんにちは~)だったらしいです。

高名な能力ある学僧がいる大きな寺には宗派を問わず、学びたいと願う僧侶たちが老若問わず、講習会・講義に集まり勉強しました。

文殊菩薩はその三論宗を代表するマスコット菩薩です。

この寺子屋は、各諸先生・諸先輩の知識をお借りしての掲載です(合掌)

密教の徒 除霊 浄霊師 神島剣二郎 24/12/15   記

« 146+ももクロと梵字守り | トップページ | 148 般若心経 梵字=シュヴァ »

コメント

ももクロが持っていたお守りって、どんなものだったのですか?しろめは去年、ツタヤで借りて見ましたが、お守りは気が付きませんでした。ツタヤに又借りに行ったけど、人気で順番まちになりました。

ユーミンさん、メッセージありがとうございます。返信が遅くなり申し訳ございません。[護符・お守り]は、剣先の形の中央に[サ・観音菩薩][カンマン・不動明王]の御真言が書いてあります。近いうちに[サ・観音菩薩][カンマン・不動明王]を公開させて戴きます。よろしくお願いします。メッセージありがとうございました。合掌。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503419/56208646

この記事へのトラックバック一覧です: 147 般若心経 梵字=テ:

« 146+ももクロと梵字守り | トップページ | 148 般若心経 梵字=シュヴァ »

剣二郎シンプルプロフィール1

  • 半生
    神島剣二郎の修行と趣味の半生が 現在の私の基礎です。 神島剣二郎は父方先祖に神官を持ち、故郷伊那谷の八幡神社にて奇跡と神秘を体験し強烈な印象に残る。 しかし神仏系の道に入るのを拒み、大学で法律を学ぶ。在学中は体育会系のクラブ活動に熱中、合気道及び八光流柔術有段。大学卒後は金融機関勤務の道へ進む。 近年になり、宗優子とともにこの道に入る。