« 141 般若心経 梵字=ヤ | トップページ | 143 般若心経 梵字=リャー »

2012年12月10日 (月)

142 般若心経 梵字=アー

梵字、アー   「梵字サイト・」・・般若心経 梵字=アー

除霊 浄霊師 神島剣二郎の直筆による梵字教室です。

・今日から、漢訳された般若心経の漢字と並んで梵字が並んでいきます。般若心経の本文中の本文に入ります。

◇ まずは『観自在』を意味する梵字がこれから8つ並びます。

読み 『アー リヤー ヴァ ロ キ テ シュヴァ ラ』(=観自在)

画像 サイト一覧 

梵字ーアー

◇「密教サイトーカースト制度

お釈迦様は、カースト制度を否定して貴賤の別なく人間の平等を説きました。

『万民は平等なり!』と。衆生救済の実践にも徹底して『平等思想』が基本とされています。
結果、今でも『平等思想』は日本仏教全宗派に渡り、一番の根本思想になっていると、私は思っています。

12月4日 「NO.136 般若心経 「梵字=ナ」欄で 日蓮上人・・・日蓮宗の「平等観」についてお話をしました。

今回は、浄土真宗・祖『親鸞聖人』についても御案内をしておきましょう。

浄土真宗・祖『親鸞聖人』がお書きになったこの世の無常観を説く御文章「白骨の章」は有名です。

朝には 紅顔ありて、夕には 白骨となれる身なり

・・・御文書「白骨の章」より。

浄土真宗・祖『親鸞聖人』は、「親鸞は弟子一人も持たず候!」と宣言なさって生涯を通しました。
これは、師も弟子もない。弟子あるゆえの師ならば、そこには『平等』あるのみと考え、相互に『御同朋』と呼称しあう関係を創り上げたと言われます。

浄土真宗・祖『親鸞聖人』の「平等思想観」の実践・行動の姿です。

平安初期に、空海は真言密教を以って『有情・無情』(命あるもの・命なきもの)ともに『平等なり!』を解き明かしました。

【注・有情とは生命ある世界です・無情とは生命ある世界を取り囲む自然環境社会のことと思ってください。】

真言密教は曼荼羅を通して『平等たる空前の宇宙!』を描き、教えてくれます。

寺子屋はさらに進みます。

明日の梵字教室をお楽しみに!

この寺子屋は、各諸先生・諸先輩の知識をお借りしての掲載です(合掌)

密教の徒 除霊 浄霊師 神島剣二郎 24/12/10   記

附則。

プラ ジニヤー パー ラ ミ タ- フリ ダ ヤン  サ マー プタン

正式には 「般若波羅蜜多心(経)合掌」となります。ここには、「経」(スートラ)と云う意味の梵字は入っておりません。・・・だからこそ、梵文は「経典」では無い、「呪文」だと言えるのではないでしょうか。

« 141 般若心経 梵字=ヤ | トップページ | 143 般若心経 梵字=リャー »

コメント

皆空さん、メッセージありがとうございます。私は、あなたが素人さんとは思っていません。だって、大変なテーマを投げてくれましたよ。「経は唱えることでいいのだ、というように受け取られているように思える」「そのあたり布教者(仏教家)はどのように考えておられるのでしょうか」と。
これは、皆空さんが、現場を良く知っておられるからの問いだと、私には思えます!
さて、現実社会を見れば、例えばですが「南無阿弥陀仏!」「南無妙法蓮華経!」のタイトルだけを呪文のごとく、口に出して、一生を通して行くような宗教団体の信者さんたちも大勢いますし。毎日「観音経」「般若心経」を唱えてお過ごしの人もおられます。その指導者(布教家)たちは、それなりの「経典」の教えの「仏教学」を理解されたうえでの指導だとは思うのですが・・・。
北インド、ヒマラヤの麓・ダラムサラのパレス(僧院)でお会いしたダライ・ラマは「仏教」を「活きるための宗教」だと仰いました。そして何よりも大事なのは、その行動に「徳」・「慈悲」の実践が入って、初めて「仏教徒」になると・・・。
現在、日本の仏教を頭に掲げて生きている「布教者(仏教家)」は皆空さんのお尋ねのように、「そのあたり布教者(仏教家)はどのように考えておられるのでしょうか」という「経」に対する見方?と同時に、「徳」・「慈悲」の実践をどのようにして毎日を過ごしておられるのか?・・・私も質問をしてみたいです。
私自身は反省ばかりの毎日です・・・長くなりました。謝・謝!
皆空さん、メッセージありがとうございました。合掌。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503419/56208624

この記事へのトラックバック一覧です: 142 般若心経 梵字=アー:

« 141 般若心経 梵字=ヤ | トップページ | 143 般若心経 梵字=リャー »

剣二郎シンプルプロフィール1

  • 半生
    神島剣二郎の修行と趣味の半生が 現在の私の基礎です。 神島剣二郎は父方先祖に神官を持ち、故郷伊那谷の八幡神社にて奇跡と神秘を体験し強烈な印象に残る。 しかし神仏系の道に入るのを拒み、大学で法律を学ぶ。在学中は体育会系のクラブ活動に熱中、合気道及び八光流柔術有段。大学卒後は金融機関勤務の道へ進む。 近年になり、宗優子とともにこの道に入る。

マスコミ出演

  • ニコニコ生放送・講演等
    テレビ東京 「ヴァンガ道」DAEGO氏 BeeTV 「パンサーの禁止事項」 「怪談供養の城」岩井志摩子氏

ももいろクローバーZ

  • ももクロと僕ら
    ももいろクローバーZ  映画「都市伝説・シロメ」に出演からのご縁です。 「シロメ」は・・・一生懸命に祈り・活きる者には願いを叶え、邪心もつ者の願いには、災いをもたらす神様です。 ある夜、ももクロ達一行は、そのシロメに会いに廃墟に向かい、"紅白初出場"を祈りました。恐怖の超常現象に出逢いながら。 同行は除霊・浄霊師、神島剣二郎と霊能者の宗優子。 監督はホラー映画の鬼才・白石晃士。テレビ史上、最も怖いドラマ、再放送は不可能!?とまで言われた「日本の怖い夜」(神島剣二郎・宗優子も出演)の監督。
無料ブログはココログ