« 134 般若心経 梵字=プタン | トップページ | 136 般若心経 梵字=ナ »

2012年12月 3日 (月)

135 般若心経本文梵字=オ~ン

般若心経の梵字=オーン" さて、いよいよ、梵字・般若波羅蜜多心経(=般若心経)の本文に入ります。

◇ 「梵字サイト」般若心経 梵字=オ~ン

除霊 浄霊師 神島剣二郎の直筆による梵字教室です。

 本文、最初の出足の梵字です。一筆で流れるように書く梵字です。

梵字・般若波羅蜜多心経(=般若心経)が「呪文」である証明とも言える文字です。=宇宙への交信スイッチ・オンを意味します。

お経(経典)は、一般に「如是我聞」から始まりますが・・・梵字・般若波羅蜜多心経(=般若心経)は違います。

この梵字は「オ~ン」と発音します。(オンともオウムと発音する人もおります)

この「オ~ン」から本文のスタートです。さぁ~みなさん、ご一緒に「呪文」を!

読み     般若心経本文一字目・梵字 オーン  

画像

   梵字=オーン

梵字サイトの般若心経表題部  除霊師 神島剣二郎直筆

梵字画像はブラ梵字画像はジニャー梵字画像はパー梵字画像はラ梵字画像はミ梵字画像はター

梵字画像はフリ梵字、ダ梵字、ヤン梵字、サ4_1_2梵字画像はプタン

密教サイトー菩薩」

菩薩』像のさらなる発展!

『菩薩』像は変化します。

「『覚り』を求める人〔自利・利他に拘わらず〕」から「『覚り』を備える人」に。
『菩薩』の理想像はさらなる発展をして行きます。

そして、『菩薩』とは、既に『覚り』を備え、『仏陀』たる資格があるにも拘わらず、あえてこの世にとどまって「荒海におぼれる人々を救済」する、と言う『菩薩』像と成って行きました。

『菩薩』はまったく『お釈迦様』と同様に尊敬され、人々から愛され信仰されて行き、色々、多種方面からの要望に応えるべく、数々の『菩薩』様が誕生しました。

『普賢(ふげん)菩薩』

『文殊(もんじゅ)菩薩』

『観音(かんのん)菩薩』

そして『弥勒(みろく)菩薩』などです。

ここで、思い出されるのは空海が紀州の国、高野山で『万灯万華会』催した時の『願文』です。

「虚空尽き 衆生尽き 涅槃尽きなば 我が願いも尽きなん」と。

「遥か限りのない大空(この世が)がある限り、生きとし生けるものがいる限り、『覚り』の世界がある限り、私の衆生救済の願いは尽きることなく続く・・・」と。

これこそ大乗仏教の『菩薩精神』の具現を誓う空海の意思表明でしょう。

空海の真言密教は大乗仏教、『菩薩道』のまさに具現「実践の世界」です。
それが=空海の教え『即身成仏』(現世で幸せを得る)の世界へと繋がるのです。

この寺子屋は、各諸先生・諸先輩の知識をお借りしての掲載です(合掌)

 密教の徒 除霊 浄霊師 神島剣二郎 24/12/3

附則。

プラ ジニヤー パー ラ ミ タ- フリ ダ ヤン  サ マー プタン

正式には 「般若波羅蜜多心(経)合掌」となります。ここには、「経」(スートラ)と云う意味の梵字は入っておりません。・・・だからこそ、梵文は「経典」では無い、「呪文」だと言えるのです。

« 134 般若心経 梵字=プタン | トップページ | 136 般若心経 梵字=ナ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503419/56208324

この記事へのトラックバック一覧です: 135 般若心経本文梵字=オ~ン:

« 134 般若心経 梵字=プタン | トップページ | 136 般若心経 梵字=ナ »

剣二郎シンプルプロフィール1

  • 半生
    神島剣二郎の修行と趣味の半生が 現在の私の基礎です。 神島剣二郎は父方先祖に神官を持ち、故郷伊那谷の八幡神社にて奇跡と神秘を体験し強烈な印象に残る。 しかし神仏系の道に入るのを拒み、大学で法律を学ぶ。在学中は体育会系のクラブ活動に熱中、合気道及び八光流柔術有段。大学卒後は金融機関勤務の道へ進む。 近年になり、宗優子とともにこの道に入る。