« 116 釈迦の出自/梵字 ベイ | トップページ | 118実践は難しい!/梵字 サク »

2012年11月14日 (水)

117 釈迦の「法」/梵字 サ

梵字画像の観音菩薩梵字サイト No.9 」 観世音菩薩=サ

除霊 浄霊師 神島剣二郎の自筆梵字

 お馴染みですね。仏様をよく知らなくても、「かんのんさま、のんのんさま」

を知っている子どたちが多勢います。そんな子供たちのために、やさしい

作りの観音様の梵字画像です。

密教サイトーお釈迦様の教え・法

お釈迦様の平等思想の哲学は『諸行無常』・『諸法無我』・『涅槃寂静』の三法印の『法』となって後世の歴史に活きていきます。

古代インドでは天地・四季の在り様は『天則・理』と表現されました。

【火は熱い・水は低きに流れるなども『理』でしょう】

『天則・理』とは違い、『法』とは人倫・道徳を支配するものとして考えられたようです。
【現代社会の秩序を護るべきものを『法』と呼ぶ所以でもありましょうか】

お釈迦様は、彼の平等思想を、これは人が活きるための『法』である。そして、この『法』は、『この世の真理(誰が説いても当たり前のこと)』だと説きました。お釈迦様は自分の役目は、この『真理の伝道』者だとして実践したのです。

お釈迦様が臨終の際に言い遺しことは、「この『法』を活きる者の拠り所(よりどころ)とせよ」でした。

お釈迦様は自分の存在あるなしに関わらず、この『法』は『この世の真理』として存在する、と説き遺したのでした。

除霊 浄霊師の寺子屋はこれから、この『法』(この世の真理)は『正法(妙法)』であり、お釈迦様の覚った『法』が真理の中の真理であるとして彼が説いた『縁起の理法』に入って行くことになります。

いよいよ、難所です~・・・、流れから外れないようにしましょう。

内容がチョット固い・硬い・難いかなあ~です。

もう少し読みやすいように・・・努力しますからね。謝・謝

m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン

この寺子屋は、各諸先生・諸先輩の知識をお借りしての掲載です(合掌)

密教の徒 除霊 浄霊師 神島剣二郎 24/11/14

« 116 釈迦の出自/梵字 ベイ | トップページ | 118実践は難しい!/梵字 サク »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503419/55954582

この記事へのトラックバック一覧です: 117 釈迦の「法」/梵字 サ:

« 116 釈迦の出自/梵字 ベイ | トップページ | 118実践は難しい!/梵字 サク »

剣二郎シンプルプロフィール1

  • 半生
    神島剣二郎の修行と趣味の半生が 現在の私の基礎です。 神島剣二郎は父方先祖に神官を持ち、故郷伊那谷の八幡神社にて奇跡と神秘を体験し強烈な印象に残る。 しかし神仏系の道に入るのを拒み、大学で法律を学ぶ。在学中は体育会系のクラブ活動に熱中、合気道及び八光流柔術有段。大学卒後は金融機関勤務の道へ進む。 近年になり、宗優子とともにこの道に入る。