« 105 輪廻転生と梵字 バク | トップページ | 107 釈迦の呼名と梵字 キリーク »

2012年11月 3日 (土)

106「霊魂と魂」/梵字 サク

◇梵字サイト 「梵字一覧から勢至菩薩をあらわす梵字画像をご紹介します」

梵字画像は勢至菩薩 梵字 サクと読みます。除霊 浄霊師 神島剣二郎の自筆梵字。

[後日、

梵字のご説明を。

◇密教サイト 「魂と霊魂」

お釈迦様の教えに霊魂・魂というのは出てきません。
お釈迦様は霊魂・魂という問題には取り組まないのです。

お釈迦様は「身体と霊魂との関係は?」・・・そのような質問は肯定も否定もしなかったと言われます。

沈黙(=無記)を通したと伝承されます。

分かるはずないことをあれこれと考えるのは今、なすべきことではないと考えたのです。彼は、今、何をなすべきかを最重要視しました。
そして、八正道の教えを説きました。

チョッと一休みです。
さて、ここで、皆さんとともに考えてみたいことがあります。

【私の勝手な心の内ですので、読み飛ばしてくださいね】

みなさん!知っていますか?

真言宗、天台宗その他古来日本の仏教宗派は「霊魂・魂」の問題から避けて宗教教義が成り立っているのです。

今の世の中において、霊魂・魂の問題に対して仏教徒、そして密教修行者が真に沈黙(=無記・肯定も否定もしない状態)を通していて良いだろうか?と私は思うのです。

仏教徒、密教修行者が真摯にこの問題に取り組む時代がそろそろ来たのではないか?と、いかがでしょうか?

霊魂・魂というものを取り上げている「新興宗教」「新新宗教」がたくさんあります。霊魂・魂に興味ある若者や大人が『闇の鍾乳洞』に命綱も無しに誘い込まれている現状です。
真の仏教徒・密教修行者が、霊魂・魂について関心を持ち、意識を持って、「仏教徒、密教修行者が認識する霊魂とは、魂とは何か?」との答えを持って、彼らを正しく教え導くことができるならば、悲劇を食い止められるのではないか?と思うのですが・・。

これは、私の思うことであり、伝統を護る仏教徒からすれば、霊魂・魂を問題とするなんてとんでもないこととお叱りを受けるかも知れませんが、丁度の機会ですので、私の心の内のひとつを披瀝させて頂きました。

参考までに、松長有慶先生のお話を以下のとおり掲示させていただきます。

松長有慶先生は、現在、高野山金剛峰寺第412世座主、高野山真言宗管長に選任されておられます。就任記念に「理趣経に聞く」を出版(非売品)されました。関係者の方から拝読させて頂きました。

「・・それから第四番目に申し上げたいのは、霊魂とか怨霊という問題を、いままで仏教ではこれをあまりにも冷遇しすぎていたのではないか、たしかに釈尊はこういった問題は取り扱われないですし、こういったものを避けられたことは事実だと思います。しかし、実際の仏教徒の大部分は、この怨霊とか、あるいは霊魂を通じて、自分たちの信仰を保っているという事実もあるわけです。ですから、こういった、怨霊、霊魂の問題を、仏教には関係ございませんということで切り離して済む問題なのか。
いま、申し上げたような問題を、いままでの宗教というものはきれいごとで済ましすぎていたのではないかと、私には考えられるわけであります。ところが、新新宗教はこれらの問題と真正面から取り組んで信徒を増やしていった。従来の宗教はどうすべきか。それで思いつきで四つほどポイントを挙げましたけれども、こういった問題を従来の宗教が無視するだけでなくて、どういうふうにこれらと対応していくかということが、今後の宗教というものを考える上に避けて通れない問題ではないかと、私は考えています。」

【199ページ14行目から~200ページ(終了)を抜粋】
・・・以下、ページを変えて『あとがき』となっています

この寺子屋は、各諸先輩の知識をお借りしての掲載です(合掌)

密教の徒 除霊 浄霊師 神島剣二郎 24.11.4

« 105 輪廻転生と梵字 バク | トップページ | 107 釈迦の呼名と梵字 キリーク »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503419/55953876

この記事へのトラックバック一覧です: 106「霊魂と魂」/梵字 サク:

« 105 輪廻転生と梵字 バク | トップページ | 107 釈迦の呼名と梵字 キリーク »

剣二郎シンプルプロフィール1

  • 半生
    神島剣二郎の修行と趣味の半生が 現在の私の基礎です。 神島剣二郎は父方先祖に神官を持ち、故郷伊那谷の八幡神社にて奇跡と神秘を体験し強烈な印象に残る。 しかし神仏系の道に入るのを拒み、大学で法律を学ぶ。在学中は体育会系のクラブ活動に熱中、合気道及び八光流柔術有段。大学卒後は金融機関勤務の道へ進む。 近年になり、宗優子とともにこの道に入る。

マスコミ出演

  • ニコニコ生放送・講演等
    テレビ東京 「ヴァンガ道」DAEGO氏 BeeTV 「パンサーの禁止事項」 「怪談供養の城」岩井志摩子氏

ももいろクローバーZ

  • ももクロと僕ら
    ももいろクローバーZ  映画「都市伝説・シロメ」に出演からのご縁です。 「シロメ」は・・・一生懸命に祈り・活きる者には願いを叶え、邪心もつ者の願いには、災いをもたらす神様です。 ある夜、ももクロ達一行は、そのシロメに会いに廃墟に向かい、"紅白初出場"を祈りました。恐怖の超常現象に出逢いながら。 同行は除霊・浄霊師、神島剣二郎と霊能者の宗優子。 監督はホラー映画の鬼才・白石晃士。テレビ史上、最も怖いドラマ、再放送は不可能!?とまで言われた「日本の怖い夜」(神島剣二郎・宗優子も出演)の監督。
無料ブログはココログ