« 131 般若心経 梵字「ヤン」 | トップページ | 133 般若心経 梵字=マー »

2012年11月30日 (金)

132 般若心経=梵字 サ

般若心経の梵字、サ梵字サイト 般若心経=「サ」」

除霊 浄霊師 神島剣二郎の直筆による梵字教室です。

 十三仏の聖観音で出てきましたね。やさしい面影の梵字

ですね。子供たちの好きな「のんのんさま」の字です。ささっ、

観音様の梵字を覚えましょう。ご利益あるかな。

読み ◇ 般若波羅蜜多心経(=般若心経)

     プラ ジニヤー パー ラ ミ タ- フリ ダ ヤン  サ マープタン

画像 ◇般若心経・梵字サイト一覧  

     ブラ ジニャー バー ラ  ミ ター フリ ダ ヤン

梵字画像はブラ梵字画像はジニャー梵字画像はパー梵字画像はラ梵字画像はミ梵字画像はター梵字画像はフリ梵字、ダ梵字、ヤン

・サ
梵字、サ

密教サイトー真言密教

理論の限界を打ち破る法あり・・・それが真言密教eye(NO.2)

前回からの続きですscissors

・・・別れ行く『弟子』は『師』の言うことに矛盾を感ずるも、とにかく社会に出て行けば良いのです。(=頭で考えていないで、実際に行動を起こす)

そのとき、思うことは、『師』が、「世の中の人を絶対に信じるな」と言うからには、世の中には大きなトラブルが、きっと山ほどあるに違いないと『覚悟』すれば良いのです。

やがて、都会の日常生活の中で、『師』の教えが事実だったことが解ります。

うわ~、この世の中は確かに信用できない者でいっぱいだなぁ~と。
しかし、反面、生きて行く中には信じることの出来る人達との出会いもあるのです。

『師』が認めた素直な『彼』なれば、必ずや、この世には「信ずるに足るべき人達」との出会いもあるはずなのです。

そのときは、自分自身の判断を信じて、その人達を信じる行動をすれば良いのです。

〔同様に、他人から信じられる行動を、自分もすることにもなるでしょう〕

そして、絶対的に尊敬した『師』の教えにも間違いがあったことを知れば良いのです。

結果、『師』の教えも絶対的には、信じては行けないことを知るのです。

みなさん、この体験は『師』の教え、そして『師』の教えの矛盾の両方をクリアすることになる、と言うことがお分かりになるでしょうか。

生きると言うことは、頭で考える理論世界ではありません。
まして、生きて行く中から『覚り』を得るにはなおさらです。

「実践・行動ですよ!」「やってみることです!」と言いたかったのです。
これは私からのひとつの回答例です!
他にも御自分なりの解答があるでしょう。
それは、それで正しいのです。
みなさんの人生は、誰のものでもありません。みなさん自身の人生なのですから、自心の信ずる道を歩めば良いのです。

実は、これが仏教の限界を打ち破る真言密教の教え=「実践」がすべてである・・・をみなさんに、ご説明したかったのです。

この寺子屋は、各諸先生・諸先輩の知識をお借りしての掲載です(合掌)

 密教の徒 除霊 浄霊師 神島剣二郎 24/11/30

« 131 般若心経 梵字「ヤン」 | トップページ | 133 般若心経 梵字=マー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503419/56110874

この記事へのトラックバック一覧です: 132 般若心経=梵字 サ:

« 131 般若心経 梵字「ヤン」 | トップページ | 133 般若心経 梵字=マー »

剣二郎シンプルプロフィール1

  • 半生
    神島剣二郎の修行と趣味の半生が 現在の私の基礎です。 神島剣二郎は父方先祖に神官を持ち、故郷伊那谷の八幡神社にて奇跡と神秘を体験し強烈な印象に残る。 しかし神仏系の道に入るのを拒み、大学で法律を学ぶ。在学中は体育会系のクラブ活動に熱中、合気道及び八光流柔術有段。大学卒後は金融機関勤務の道へ進む。 近年になり、宗優子とともにこの道に入る。

マスコミ出演

  • ニコニコ生放送・講演等
    テレビ東京 「ヴァンガ道」DAEGO氏 BeeTV 「パンサーの禁止事項」 「怪談供養の城」岩井志摩子氏

ももいろクローバーZ

  • ももクロと僕ら
    ももいろクローバーZ  映画「都市伝説・シロメ」に出演からのご縁です。 「シロメ」は・・・一生懸命に祈り・活きる者には願いを叶え、邪心もつ者の願いには、災いをもたらす神様です。 ある夜、ももクロ達一行は、そのシロメに会いに廃墟に向かい、"紅白初出場"を祈りました。恐怖の超常現象に出逢いながら。 同行は除霊・浄霊師、神島剣二郎と霊能者の宗優子。 監督はホラー映画の鬼才・白石晃士。テレビ史上、最も怖いドラマ、再放送は不可能!?とまで言われた「日本の怖い夜」(神島剣二郎・宗優子も出演)の監督。
無料ブログはココログ