« 梵字サイト・般若心経表題部和訳250721 | トップページ | 99救世主 釈尊誕生! »

2012年10月24日 (水)

98 密教が熱い!

No.93 からの続きとなります。密教が好きな皆さんお久しぶりです。 

 昔・昔、インドの地に・・・古代インダス文明(「青銅器文明・土着のドラピタ人」B/C2500~1500年)の繁栄がありました。
そこでは地母神信仰(女性崇拝)が盛んでしたが、やがてインド・イラン高原を越えてアーリア人(白人・騎馬民族)の侵略(侵略戦争=B/C1300年頃)が始まりました。征服者アーリア人はバラモンの神々を主体としたヴェーダ(叙事詩)を古代インドの聖典としました。

侵略戦争はバラモンの神々と、古代インド土着の民族連合軍との戦いでした。

Kodomo11

◇長野のホテルでの木彫りを撮影させていただきました。

バラモンの代表神は『剛勇神・インドラ』(帝釈天・漢訳)です。彼がバラモンの神々を引き連れています。
『インドラ』は神々の王です。戦闘する時には愛象・アイラヴァタに乗り、武器は、ヴァジュラ(金剛杵)を振り回し、敵をバッタバッタと倒していきます。

【空海和尚が胸前でこの『金剛杵』を右手に持つ坐像がたくさん見られます。『金剛杵』はインドラの持つ武器だったのです】

古代インド・土着連合軍は『戦闘神々・アスラ』(阿修羅・漢訳)と呼ばれる『魔神・邪神・鬼神』の連合です。
双方の合戦・戦闘の有様(侵略戦争)が初期インド神話となっていきます。
この相争う神々とは別に、両方に顔が効く仲裁者であり、天界の特別的存在の神がいました。

・・・それが創造神『ブラフマー』です。

 『ブラフマー』によって宇宙のあらゆる物質が創造されましたが、さらに、彼は自らの身体から一人の美しい女性(女神)を創り出しました。
『サラスヴァーティ』(弁財天)です。
この女神は非常に人気があり、独立讃歌があります。
日本にも『弁天さん』と慕われ・親しまれて、『七福人』の紅一点ともなっているのは、皆さんよくご存知の通りです。
インドで創造され、中国に渡り、日本の楽器『琵琶』を持っている音楽女神でもあります。
サラスは『水』を意味し、『サラスヴァーティ』は『聖なる河』を意味するのです。
川の水が大地に惠と豊穣を与えます。

サラスヴァーティは『惠・豊穣』を約束する女神です。
日本全国にサラスヴァーティ『弁天(様)・弁財天』が祭られています。
鎌倉・江ノ島の弁天様
琵琶湖・竹生島の弁天様
大和・天の川の弁天様
安芸・厳島の弁天様
陸前・金華山の弁天様
【そうそう・・東京・上野不忍池、鎌倉・銭洗いにも弁天様がいますよ~。いいですね~弁天様は、私も大好きです】

『ブラフマー』はサラスヴァーティと結婚し、さらに、人間・神々・魔神・その他の生類を二人でどんどん作り出していきます。

『ブラフマー』が宇宙の主宰神・創造神といわれる由縁・所以です。

『ブラフマー』は自ら、自らの『ブラフマー』を生み出しました。

生み出された『ブラフマー』がさらにあらゆる『物質』を生み出しました。

サラスヴァーティと結婚して両者でさらに生類を生み出していきました。では明日また。

« 梵字サイト・般若心経表題部和訳250721 | トップページ | 99救世主 釈尊誕生! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503419/55953801

この記事へのトラックバック一覧です: 98 密教が熱い!:

« 梵字サイト・般若心経表題部和訳250721 | トップページ | 99救世主 釈尊誕生! »

剣二郎シンプルプロフィール1

  • 半生
    神島剣二郎の修行と趣味の半生が 現在の私の基礎です。 神島剣二郎は父方先祖に神官を持ち、故郷伊那谷の八幡神社にて奇跡と神秘を体験し強烈な印象に残る。 しかし神仏系の道に入るのを拒み、大学で法律を学ぶ。在学中は体育会系のクラブ活動に熱中、合気道及び八光流柔術有段。大学卒後は金融機関勤務の道へ進む。 近年になり、宗優子とともにこの道に入る。

マスコミ出演

  • ニコニコ生放送・講演等
    テレビ東京 「ヴァンガ道」DAEGO氏 BeeTV 「パンサーの禁止事項」 「怪談供養の城」岩井志摩子氏

ももいろクローバーZ

  • ももクロと僕ら
    ももいろクローバーZ  映画「都市伝説・シロメ」に出演からのご縁です。 「シロメ」は・・・一生懸命に祈り・活きる者には願いを叶え、邪心もつ者の願いには、災いをもたらす神様です。 ある夜、ももクロ達一行は、そのシロメに会いに廃墟に向かい、"紅白初出場"を祈りました。恐怖の超常現象に出逢いながら。 同行は除霊・浄霊師、神島剣二郎と霊能者の宗優子。 監督はホラー映画の鬼才・白石晃士。テレビ史上、最も怖いドラマ、再放送は不可能!?とまで言われた「日本の怖い夜」(神島剣二郎・宗優子も出演)の監督。
無料ブログはココログ