« 100曼荼羅の神々=天 | トップページ | 102 この世の全を師と仰ぎ »

2012年10月30日 (火)

101蓮華に浮かぶ仏尊

☆ 曼荼羅と蓮華座 

Hasu01

 寺々で見る彫刻の仏像は蓮華台に座していますが、仏尊は、本来、蓮華台座に浮かんだ状態で在しています。
花を傷つけず、包まれて浮かび上がり、自身の存在で、花そのものを育成する姿でもあるのです。
美しい花の中央に静かに微笑んで仏尊が浮かびます。
【不思議です!私が出会う仏様は、どれも微笑んでおられます”】
胎蔵曼荼羅は八つの花弁を広げた構図となっています。
仏の『大悲・大慈』が八方への広がりを意味します。
蓮華は泥の中により生えますが、清浄な綺麗な美しい花姿となりますので、仏教では、仏の功徳を象徴する・・・とされます。
また、この蓮華は観音様ともご縁が深く、胎蔵曼荼羅、『蓮華王院』にその観音様達が変化した姿で一同に集まっています。

 実は、この蓮華は仏教だけに縁があるのではないのです。
古代エジプト、ナイル川河畔に咲く『睡蓮・すいれん(ウォーターリリィ)』は現代のエジプトの『国花』であり、「ナイルの花嫁」さんと呼ばれています。
紅色・青色で花は夕方に咲き、翌朝になると閉じていきます。
エジプトの民はナイルを愛し、ナイルの川畔に咲く「ナイルの花嫁」を神聖視しました。
やがて、装飾はロータス(蓮)模様となり、エジプト神殿にも沢山描かれました。ファラオ・ツタンカーメンの遺品にも装飾があるそうな・・・。

インドには豪華な『蓮』があり、やはりこの『蓮』 が神聖な花とされました。『ブラフマー』もわが身を生み出すときは『蓮』の花上に生まれたと伝承されます。ギリシャ神話ではニンフのローティスが変身してロータス『蓮』になっています。

 私は養母から『水連』をひつじ草と教わりました。羊の刻(午後二時)頃から咲き出すから・・だと。
何故に「夜、咲くのでしょうか!」・・・???
尋ねる養母は既に蓮華台に乗ってしまいました。・・・
・・・遅かりしです。

 密教の徒 除霊 浄霊師 神島剣二郎  24/10/29

各諸先輩の知識をお借りしての掲載です(合掌)

« 100曼荼羅の神々=天 | トップページ | 102 この世の全を師と仰ぎ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503419/56003945

この記事へのトラックバック一覧です: 101蓮華に浮かぶ仏尊 :

« 100曼荼羅の神々=天 | トップページ | 102 この世の全を師と仰ぎ »

剣二郎シンプルプロフィール1

  • 半生
    神島剣二郎の修行と趣味の半生が 現在の私の基礎です。 神島剣二郎は父方先祖に神官を持ち、故郷伊那谷の八幡神社にて奇跡と神秘を体験し強烈な印象に残る。 しかし神仏系の道に入るのを拒み、大学で法律を学ぶ。在学中は体育会系のクラブ活動に熱中、合気道及び八光流柔術有段。大学卒後は金融機関勤務の道へ進む。 近年になり、宗優子とともにこの道に入る。