« 91ニーチェの哲学から視るキリスト教 | トップページ | 93ウパニシャッドの世界 (No.13)  »

2011年9月 5日 (月)

92ウパニシャッドの世界 (No.12)

この世は地獄だぁ~ 

生まれ変わりなんか二度としたくないよ~・・・

(ウパニシャッドの哲学)

サムサーラ(永遠の魂の循環、輪廻転生)から逃れる道はないか?

サムサーラ(永遠の魂の循環、輪廻転生)から解放される手段はないか?

自己・自我『アートマン』は最高の宇宙原理『ブラフマン』と一つになれないだろうか?

「アートマン」・「ブラフマン」の合一は「解脱(げだつ)」にならないか?

古代インドの哲学者達は「梵我一如(神と自己との合一)」を認識はしたのですが、実は、この哲学が大衆に訴えることは無かったのです。

これは難しい思想哲学であり、誰もが簡単には理解できなかったからです。

(現代人でも難しいですよね~)

この思想を細部まで理解できる力など、古代インドの一般大衆には、なおさら無かったのです。

仲間達(哲学者)との議論は、論争となり、時には暴力沙汰にまでなりました。

「解脱(げだつ)」を求める論争には、嫌気がさして、孤立を求めて人前から次々と修行者が去っていくこともありました。

自らを苦しめることで神の不思議な力を得ようと、死をも恐れぬ「苦行・瞑想」へと向かう者が出てきました。

神の不思議な力=霊能力の取得をどうしても望んだのです。

手にいれる手段にも、霊的能力が絶対に必要だと思うようになったのです。

そして、それには論理ではなく『苦行・瞑想』しかないと直観で思うようになりました。

その世界は「理想の世界を目指す」等ではなく、今、この世の苦しみから逃れる・呪わしい地獄から逃れる思いがあってのことでした。

除霊 浄霊師 寺子屋  

浄霊師 神島剣二郎。

« 91ニーチェの哲学から視るキリスト教 | トップページ | 93ウパニシャッドの世界 (No.13)  »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503419/52654307

この記事へのトラックバック一覧です: 92ウパニシャッドの世界 (No.12):

« 91ニーチェの哲学から視るキリスト教 | トップページ | 93ウパニシャッドの世界 (No.13)  »

剣二郎シンプルプロフィール1

  • 半生
    神島剣二郎の修行と趣味の半生が 現在の私の基礎です。 神島剣二郎は父方先祖に神官を持ち、故郷伊那谷の八幡神社にて奇跡と神秘を体験し強烈な印象に残る。 しかし神仏系の道に入るのを拒み、大学で法律を学ぶ。在学中は体育会系のクラブ活動に熱中、合気道及び八光流柔術有段。大学卒後は金融機関勤務の道へ進む。 近年になり、宗優子とともにこの道に入る。

マスコミ出演

  • ニコニコ生放送・講演等
    テレビ東京 「ヴァンガ道」DAEGO氏 BeeTV 「パンサーの禁止事項」 「怪談供養の城」岩井志摩子氏

ももいろクローバーZ

  • ももクロと僕ら
    ももいろクローバーZ  映画「都市伝説・シロメ」に出演からのご縁です。 「シロメ」は・・・一生懸命に祈り・活きる者には願いを叶え、邪心もつ者の願いには、災いをもたらす神様です。 ある夜、ももクロ達一行は、そのシロメに会いに廃墟に向かい、"紅白初出場"を祈りました。恐怖の超常現象に出逢いながら。 同行は除霊・浄霊師、神島剣二郎と霊能者の宗優子。 監督はホラー映画の鬼才・白石晃士。テレビ史上、最も怖いドラマ、再放送は不可能!?とまで言われた「日本の怖い夜」(神島剣二郎・宗優子も出演)の監督。
無料ブログはココログ