« 83ウパニシャッドの世界 (No.4) | トップページ | 84ウパニシャッドの世界 (No.5)  »

2011年7月22日 (金)

閑話休題 恐山大祭!(体験報告)

この時期、全国あちこちで「大祭!」あり。

7月20日~7月24日 下北半島 「霊山・恐山(おそれざん)大祭!」 真っ最中です!

東北・青森の地、下北半島「恐山」は夏でも冷んやり、いつ行っても神秘的な、空間です!

神島剣二郎・掲示板でご案内した「恐山・心霊探訪!(撮影)」を再掲載。

「大霊山」に登る途中「冷水峠」で「やれやれ!・・・と」一服しました。

道路沿いの深い樹木・木立に囲まれて「御水場」があります。

ここで「巡礼者」は身(口をすすぎます)を清めます。

のどの渇きを潤します。

イヤ~ッこの冷水の美味しいこと!

どこの天然水も敵いませんよ!

大霊山、深い深~い深山からの湧き水・清水が流れ落ちています。

両手に受けて口付けた冷水は、ほんとに美味しい「真清水」でした!

一口飲めば、寿命が延び、二口飲めば、さらに、死ぬ日が来るまで又、寿命が延びるそうな!!!?(あははは!謝・謝)

ここには「北斗神君」・「南斗神君」(人間の寿命を司る神・寿命神)が居られるのかしら!と顔を上げると、目の前に数体の「お地蔵さん」がにこにこして「良く、来たなぁ~」と笑っていました。

恐山(おそれざん)は「聖域」と言われています。

この冷水峠から聖域空間に入ったことを、すぐに身体で感じました。

どなたでも体験できますよ。この感覚を!

是非とも、生涯に一度は恐山に巡礼を!

それだけ強いオーラが自然環境の中に視て取れます。

「冷水峠の真清水」が一気に私の観性(念視)能力を高めたのでしょうか!

やがて、撮影スタッフ一行は下北半島・大霊山・大霊場に引き寄せられるがごとくに・・・

下北半島・恐山は「亡霊」を引き寄せる大霊山です!

合掌!

« 83ウパニシャッドの世界 (No.4) | トップページ | 84ウパニシャッドの世界 (No.5)  »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503419/52277390

この記事へのトラックバック一覧です: 閑話休題 恐山大祭!(体験報告):

« 83ウパニシャッドの世界 (No.4) | トップページ | 84ウパニシャッドの世界 (No.5)  »

剣二郎シンプルプロフィール1

  • 半生
    神島剣二郎の修行と趣味の半生が 現在の私の基礎です。 神島剣二郎は父方先祖に神官を持ち、故郷伊那谷の八幡神社にて奇跡と神秘を体験し強烈な印象に残る。 しかし神仏系の道に入るのを拒み、大学で法律を学ぶ。在学中は体育会系のクラブ活動に熱中、合気道及び八光流柔術有段。大学卒後は金融機関勤務の道へ進む。 近年になり、宗優子とともにこの道に入る。