« 88ウパニシャッド (No.9) | トップページ | 閑話休題 熱い・暑い毎日 »

2011年7月28日 (木)

89ウパニシャッドの世界 (No.10) 

「観法」と「禅」との違いは?

真言密教は古代インドの伝統的な「瑜伽の観法」です。

それがまっすぐに残っています。

その実践・体験の方法に「仏教の思想」が抱合されています。

「禅」は仏教が中国に渡った以後、中国で発生し、古代インドの伝統的な瑜伽の観法に「仏教の思想」が抱合されていながら、老子・荘子の「無」の世界観が溶け込み、まったく中国化して出来上がった中国独自の観法です。

では、この場合の「仏教思想」とはどのようなものでしょうか?

これは基本的に「唯識・中観・如来蔵」思想とされています。

(のちほど、この三点思想もご案内できる日が来ると思います!来るといいなぁ~)

座り方も本来違いがあるようです。

古代インドは「結跏趺坐(けっかふざ)」です。

「禅」は「座禅・坐禅」です。

密教は中国に渡り、漢訳されてから日本に来ましたが、インドの生粋が密教に残されています。

今までにご案内してきたことを再度、以下にまとめてみましょう。

「梵字」の「アン」字観法はインドの生粋の観法であると言うことです。

この「アン」字観法を習熟すれば瑜伽の行者はやがて仏身と同じになるのです。

八葉に輝く白蓮華に満月あり、その上に「アン」字たる百光を発する「百光遍照真言王」そのものを観ずることが出来れば、それは「即身成仏」の世界となる。

この大日経「百字位成品」第21では最後に・・・

この諸々の本尊は即ち我なり、我即ち本尊なり、互いに相発起す

となっています。

こんなところで真言密教の真髄「即身成仏」に繋がりました!

構えず、このまま気楽にいきましょう!

« 88ウパニシャッド (No.9) | トップページ | 閑話休題 熱い・暑い毎日 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503419/52313645

この記事へのトラックバック一覧です: 89ウパニシャッドの世界 (No.10) :

« 88ウパニシャッド (No.9) | トップページ | 閑話休題 熱い・暑い毎日 »

剣二郎シンプルプロフィール1

  • 半生
    神島剣二郎の修行と趣味の半生が 現在の私の基礎です。 神島剣二郎は父方先祖に神官を持ち、故郷伊那谷の八幡神社にて奇跡と神秘を体験し強烈な印象に残る。 しかし神仏系の道に入るのを拒み、大学で法律を学ぶ。在学中は体育会系のクラブ活動に熱中、合気道及び八光流柔術有段。大学卒後は金融機関勤務の道へ進む。 近年になり、宗優子とともにこの道に入る。