« 84ウパニシャッドの世界 (No.5)  | トップページ | 86ウパニシャッドの世界 (No.7)  »

2011年7月24日 (日)

85ウパニシャッドの世界 (No.6) 

反数学的算術 解答一例

あなたはご存知でしょうか?

世の中には二種の算術があるということを。

一つは 100+100=200

単純な計算です。

しかし、もっと高次元の数学があると言うのです。

100+100=500 (こんな答えがあるのかなぁ~・・・?)

100-100=100 (こんな答えがあるんだって~・・・!)

これは古代から「生の数式」と呼ばれています。

100+100=500・・・?

画家が絵を描く。

観て感動する「美しい絵」というのは材料に掛かる費用の足し算ではありません。

詩人が詩歌を創る、それは単なる言葉の集まりではありません。言葉の配列を超えた何かが生まれています。

オーケストラを聴いて感動する。その調べは音の集合をきくのではありません。

100-100=100・・・?

不思議な計算です。

あなたは人を愛したことがありますか?

ある人が愛する人に100の愛情を注いだとき、与える人の愛はゼロになってしまうだろうか?

愛はいくら与えても減るものではなく、無限に愛を与えるものは無限の愛の所有者になるのです。

これを 生の数学 と言います。

「生」を考えるとき、計算は消えます。

足し算、引き算の規則が消えてしまうのです。

「生の数学」は体験から生まれでてきます。これは哲学ではありません。

「生」とは「呼吸するものの世界」でもあります。

「呼吸する」とは、つまり気息のことです。

・・・そうです!「気息」=「アン」=「アートマン」の世界です。

「アートマン」は哲学で発見されるものではなく、体験で発見されるものなのです。

これまでウパニシャッドのお話を進めてきましたが、ウパニシャッドの精髄は「マインド」では理解され得ないのです。

「生の体験」を古代インドでは「瑜伽行の実践」=「体験の世界」と読んでいます。

実は、これが真言密教の実践の世界の基本となります。

真言密教の実践は「愛の数式」が基本です。

イーシャ・ウパニシャッドの経文が何を説くか?

これは私からの一例です。

みなさん、そのぞれの解答が許されています!

« 84ウパニシャッドの世界 (No.5)  | トップページ | 86ウパニシャッドの世界 (No.7)  »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503419/52276976

この記事へのトラックバック一覧です: 85ウパニシャッドの世界 (No.6) :

« 84ウパニシャッドの世界 (No.5)  | トップページ | 86ウパニシャッドの世界 (No.7)  »

剣二郎シンプルプロフィール1

  • 半生
    神島剣二郎の修行と趣味の半生が 現在の私の基礎です。 神島剣二郎は父方先祖に神官を持ち、故郷伊那谷の八幡神社にて奇跡と神秘を体験し強烈な印象に残る。 しかし神仏系の道に入るのを拒み、大学で法律を学ぶ。在学中は体育会系のクラブ活動に熱中、合気道及び八光流柔術有段。大学卒後は金融機関勤務の道へ進む。 近年になり、宗優子とともにこの道に入る。

マスコミ出演

  • ニコニコ生放送・講演等
    テレビ東京 「ヴァンガ道」DAEGO氏 BeeTV 「パンサーの禁止事項」 「怪談供養の城」岩井志摩子氏

ももいろクローバーZ

  • ももクロと僕ら
    ももいろクローバーZ  映画「都市伝説・シロメ」に出演からのご縁です。 「シロメ」は・・・一生懸命に祈り・活きる者には願いを叶え、邪心もつ者の願いには、災いをもたらす神様です。 ある夜、ももクロ達一行は、そのシロメに会いに廃墟に向かい、"紅白初出場"を祈りました。恐怖の超常現象に出逢いながら。 同行は除霊・浄霊師、神島剣二郎と霊能者の宗優子。 監督はホラー映画の鬼才・白石晃士。テレビ史上、最も怖いドラマ、再放送は不可能!?とまで言われた「日本の怖い夜」(神島剣二郎・宗優子も出演)の監督。
無料ブログはココログ